1. 料理
    2. 彩りと栄養が大切!お弁当の詰め方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    彩りと栄養が大切!お弁当の詰め方

    はじめに

    お弁当作りのポイントは、決まったお弁当箱のスペースに、いかに彩りよく栄養バランスよく詰めるかということでしょう。今回は、著者が実践しているお弁当の詰め方を紹介します。

    お弁当の詰め方のポイント

    ポイント1:お弁当の中身

    おかずに使う素材は、赤(にんじん)・緑(ピーマン・かぼちゃ)・黄色(卵・コーン)の3色をよく入れるようにします。

    お肉・お魚などの味の濃いおかずと、酢の物やサラダなどのさっぱりしたものを両方入れます。

    今回入れたもの

    • チーズハンバーグ
    • ピーマンとコーン入り卵焼き
    • かぼちゃのレンジ蒸し
    • 大根とちくわの煮物
    • キャベツとにんじんの酢の物
    • ご飯(ごま塩・のりたま)

    ポイント2: 色の配置

    同じような色のおかずが隣り合わせにならないようにします。

    ポイント3: 味が混ざらないように注意

    おかずのタレや煮汁などが混じってしまうとおいしくないので、汁気の多いものはなるべく避け、入れる場合はおかずのカップを使います。

    ポイント4: 隙間を埋める

    お弁当の大きさは限られています。隙間ができないように、小さいおかずを上手に使って、詰めていきます。

    おわりに

    お弁当作りは毎日のことなので大変そうですが、自分なりのパターンを決めておいたら意外と簡単にできるものです。お弁当作りに四苦八苦している方、少しでも参考になれば幸いです。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人