\ フォローしてね /

リージェント台北(晶華酒店)宿泊体験談

筆者が台湾、台北を訪れたのは3年前のお盆休み。二泊三日の女子旅でした。H.I.Sのパックツアーを利用しての旅行で、ホテルはリージェント台北をチョイスしました。

本記事では、リージェント台北の宿泊体験、ご紹介します。

リージェント台北(晶華酒店)とは

台北の中心地に位置する老舗ホテル。観光客はもちろん、ビジネスパーソンの利用も多いラグジュアリーホテルです。

よかったところ

  • 立地最高!周辺にはスーパーやマッサージ店がたくさん!
  • 地下にはブランドショップが軒を連ねてショッピングも楽しめる!
  • 朝食ビュッフェは種類豊富で美味!アメリカンスタイルと台湾スタイルに、ジャパニーズメニューも。
  • 部屋は使いやすきく、新しくはないが、清潔。

いまいちだったところ

  • プールが狭い!プールサイドで寛ぐ雰囲気はなし。日本のスポーツクラブのように、コースに分かれて泳ぐスタイルで、ちょっとびっくり。
  • 東南アジアの同等レベルのホテルと比較するとホスピタリティに不満が残る。
チェックイン時、しきりに高層階へのアップグレードを要求する関西人の女性が!丁寧にお断りを受けていましたが、日本人として、ちょっぴり恥ずかしい思いをしました。アップグレードは「あったらラッキー」的な感じでスマートなリクエストに留めたいものです。

手配の手順・費用

旅行はH.I.Sのパックツアー利用。お盆期間で、約90,000円でした。(航空券含む。)現地で1名合流したため、H.I.S経由で1部屋追加手配しました。追加の部屋代は少し割高で、1泊20,000円前後でした。ただし、追加の部屋のみアップグレードで広いお部屋となりました。

追加の部屋のみ、朝食がセットになっていなかったことがチェックイン時に判明!事前に旅行会社の説明がありませんでしたので、フロントでちょっとモメました。朝食あり、なしは日本で予めチェックしておくべき!

まとめ

はじめて台北に訪れる方には、リージェント台北は「ちょうどよい」ホテル。高級ホテルに属するため、設備は全く問題ありませんし、とても便利な立地のため、買い物、観光、食事には困りません。パックツアー等でお得に宿泊できる場合は、オススメです。

ただし、ラグジュアリーなシティリゾートを期待すると、少しがっかりしてしまうかも。街自体がリゾートテイストではありませんので、仕方ないかもしれませんネ。食べ歩きや観光の拠点に!

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。