\ フォローしてね /

フェルトで簡単布絵本の作り方

フェルトで作る絵本は安全で優しいおもちゃです。針と糸を使わずに作ることもできます。

用意するもの

  • ★台紙用ベースのフェルト 15×35センチ 5枚(できれば厚手のもの)
  • ☆柄用ベースのフェルト 15×15センチ 10枚
  • 模様用のフェルト
  • ボタン
  • ファスナー
  • リボン
  • マジックテープなど

布絵本の作り方

STEP1

まずは絵本の絵の部分を作ります。☆のフェルトをベースに柄を作っていきます。ボタンや鈴を付けるなどのデザインに遊べる工夫をします。

縫い付けるのも味がありますが、簡単に作る場合はボンドで貼り付けて行きます。

りんごの木にはジャバラの鳴り笛を入れて押すとピーピーなるようにしました。ちょうちょなどマスコットを作ってマジックテープをつけたり、マシュマロ生地を使いふわふわな部分を作ったり、遊びを工夫しましょう。

これらを10枚作ります。

STEP2

ページ縫い付け

★のフェルトはベースにします。1で作った絵を右のページに当たる部分に貼り付けて行きます。左のページには文字などをフェルトで貼って行きます。

ベルト

最後のページの部分は背表紙になるベースとの間にベルトとなるフェルトを挟みこんでおきましょう。

STEP3

縫いとじ

すべて貼り終えたら真ん中を縫います。中綴じの絵本ができます。

STEP4

背表紙

縫いとじした部分を隠すために背表紙を作ります。厚みが出てくるので厚みに合わせたサイズで貼るとより本らしいです。

表紙部分にはベルトをとめるためのマジックテープを付けます。マジックテープも貼り付けるタイプがあります。ベルト部分と合わせて付けましょう。

表紙、裏表紙もフェルトで柄を作り、完成です。

おわりに

切って貼る、の作業だけで十分に作れます。100均で材料も揃います。台紙用のフェルトは大きさが特殊なので手芸屋さんで切ってもらいました。閉じ部分との間に余裕があることで厚みが出てもめくりやすく、マジックテープで止めることができます。フェルトが2枚重ねに仕上がるので、しっかりした作りになります。

1歳以降に使えるようにするには、数や色を意識します。りんごはいくつ?ピンクのお花と黄色いお花、どっちが多い?大きい猫さんはどれ?など、文章がなくても絵で学べるような作りにしましょう。

触ることで学べるように、異素材を使うこともおすすめです。たとえば、お風呂用のボディタオルを切ってガサガサ、綿を貼り付けてモコモコなど、感触の違いを学べます。

ボタンやファスナーを着けることでボタンを止め外しする練習になったり、ファスナーの開閉ができるようになります。

たくさんの仕掛けを考えてみましょう。

Twitterで紹介!

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。