\ フォローしてね /

ポリフェノールたっぷり!紫いもいももちに作り方

このライフレシピのもくじたたむ

自宅の庭で紫いもがたくさん収穫できました。今回はもっちもちのいももちを作ってみました。

材料

  • 紫いも 1本 (なければ普通のさつまいもでOK)
  • さとう 大さじ2
  • 塩 小さじ1/2
  • かたくりこ 大さじ4~5
  • 小麦粉 大さじ1/2
  • 油 適量

作り方

STEP1: 紫いもを切る

紫いもを1センチ程度の輪切りにしていきます。

STEP2: 水にさらす

たっぷりの水に紫いもを10分程度さらします。

STEP3: 紫いもを蒸す

鍋に水を張り、ざるや画像のような蒸す道具をセットしてから芋を入れ、蒸していきます。蓋をして、強火で加熱します。沸騰してきたら、火を中火から弱火まで落とし、15分ほど加熱します。

竹串でさしてみてスッと通るようだったら蒸しあがりです。

STEP4: ポリ袋に紫いもを入れてつぶす

熱いうちにポリ袋にいもを入れ、袋の上から軽くつぶします。

やけどに注意してください。熱かったら軍手をしたり、ふきんでまわりをくるんだりするなど工夫しましょう。

STEP5: 調味料を加え混ぜる

さとう、塩、かたくりこ、小麦粉を全て入れて、さらに混ぜ合わせていきます。ぱさぱさしてまとまりにくいようだったら、油を少し入れてみてください。まとまりやすくなります。

こんな感じにまとまるまで混ぜます。

STEP6: 加熱する

両面を中火でこんがり焼きあげます。時間は大きさによって異なりますが、5分程度で火が通ると思います。

急いでるときは電子レンジに1分ほどかけても食べられます。

おわりに

残った生地はそのままポリ袋の口をふさぎ、冷蔵庫で保存もできます。いつでも焼き立てが食べられますよ。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。