\ フォローしてね /

黄身がしっとりして美味しい!半熟煮卵の作り方

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

半熟煮卵は好きだけど、黄身が生っぽくてドロドロ過ぎるのは苦手、という方もいらっしゃるでしょう。そんな方にもオススメの、しっとりした黄身が美味しい半熟煮卵の作り方を説明します。

材料

  • 卵 必要な個数
  • しょうゆ・めんつゆ 各大さじ2〜
  • 塩・酢 少々
  • チャック付きの厚手保存袋 1枚

美味しい半熟煮卵の作り方

STEP1:お湯を沸かして卵を茹でる

鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩か酢を少々を入れます。冷蔵庫から出したばかりの卵を、殻が割れないようお玉か大きなスプーンにのせて、そっとお湯の中に入れます。

柔らかめの黄身がお好きな方は6分、少し固めがお好きな方は7分茹でてください。

お湯は多めに沸かし、必ず全体が沸騰した状態で卵を入れてください。

STEP2:漬けダレを作る

厚手の保存袋(もしくはビニール袋を二枚重ねにしたものか、深さのあるタッパーなどでも可)に、同量のしょうゆとめんつゆを入れます。

漬けダレの量は卵の個数に合わせて加減してください。

STEP3:殻をむいてタレに漬け込む

卵が茹で上がったら、ザルか皿に取り出し、手で触れるくらい冷めるまでそのまま置きます。殻をむいて、お好みの時間冷蔵庫でタレに漬け込みます。最短でも1時間は漬けてください。

茹で上がってすぐに冷やしたりせず、お湯から出して自然に冷めるのを待つことで、しっとりした黄身の半熟卵になるので、この手順は必ず守ってください。

完成!

今回著者は卵2個、6分半茹でで作ってこのような仕上がりになりました。ラーメンや丼ものに添えると、ぐっと豪華さが増す美味しい半熟煮卵の完成です。

黄身がしっとりしているので流れ出さず、料理の仕上がりも綺麗ですので、ぜひ作ってみてください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。