\ フォローしてね /

「たっぷりぶどうの全粒粉バターロール」の作り方

パン屋さんでも定番のぶどう入り。たっぷりのレーズンを入れてたべごたえのあるバターロールにしました。

全粒粉入りで茶色い生地が特徴です。

材料(7個分・2~3人分)

  • 強力粉(モナミを使用) 200g
  • 全粒粉 50g
  • 水 170g(20gと150gに分ける)
  • 塩(ゲランドの塩を使用) 4g
  • 黒糖 20g
  • スキムミルク 5g
  • 無塩バター 35g
  • インスタントドライイースト 小さじ1
  • レーズン 100g

「たっぷりぶどうの全粒粉バターロール」の作り方

STEP1:黒糖を溶かす

黒糖はかたまりなので、グラムをはかったら20gの水で溶かしておきます。

生地をこねる時に溶けやすくします。

STEP2:ホームベーカリーで生地をこねる

レーズン、バター以外の生地材料をホームベーカリーに入れ、パン生地コース、具材「あり」で生地こねをします。

生地こね5分後にバターを入れて生地をこねます。その後、具材投入ブザーが鳴ったらレーズンを入れます。

バターは捏ねる時に一緒に入れてもいいのですが、後入れだとなじみやすいと聞き5分後に入れてみました。

STEP3:分割、ベンチタイム

生地ができたら7等分します。ぬれたふきんやキッチンペーパーをかけて乾燥しないようにし、室温で20分そのまま置いておきベンチタイムを取ります。

生地を成形しやすいようにベンチタイムを取ります。

STEP4:成形

生地を長い三角形に伸ばして成形します。下側から形を整えつつくるくると巻いていきます。

ポイントは長細くして巻くこと。巻くときは力を入れずに巻くとうまくいきます。

STEP5:二次発酵

オーブンレンジの発酵機能があれば、35度で30分加熱します。もしなければ温かい部屋で30分~40分置いて二次発酵させます。

発酵時に、トレイに少量の水を入れると発酵しやすくなります。

STEP6:焼成する

発酵が終わったらオーブンを180度18分で予熱します。予熱の間に全粒粉を小さじ1/2程度(分量外)を茶こしでふりかけておきます。

予熱が終わったらオーブンで焼成して完成です。

完成!

普通のバターロールよりも茶色っぽい色のバターロールになります。レーズンは多めに入れているので、もっと少なくても構わないのですがこのくらい入っている方が食べごたえがあって好きです。

レーズンが入っているので甘めですが、テーブルロールにもなるパンです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。