\ フォローしてね /

ほんのり甘い自然な味の「あん食パン」の作り方

このライフレシピのもくじたたむ

あんぱんを食パンにしました。具として入れたのは甘納豆と黒まめ。食パン自体の色もほんのり黒っぽくなり、豆の形もそのまま残ったあんぱんです。

材料(1斤分)

(ポーリッシュ種)

  • 強力粉(モナミを使用)125g
  • インスタントドライイースト 小さじ1/4
  • 水 125g

(本捏ね)

  • 強力粉(モナミを使用)100g
  • お米の粉 20g
  • おからの粉 10g
  • 塩(ゲランドの塩を使用) 5g
  • 三温糖 13g
  • インスタントドライイースト 3g
  • 無塩バター 13g
  • 牛乳 50ml
  • お惣菜の黒豆 100g
  • 黒豆の甘納豆 55g
ポーリッシュ種は混ぜておき、常温で3時間置いておきます。それ以上なら冷蔵庫に入れておきます。

ポーリッシュ製法で作っています。ポーリッシュ製法については下記記事を参考にしてください。

「あん食パン」の作り方

STEP1:ポーリッシュ種を作る

ポーリッシュ種を作ります。ポーリッシュ種の材料をあらかじめ混ぜて室温で3時間置いておきます。

あらかじめ発酵させておくことで、伸びのいいパンになります。

STEP2:本捏ねをする

本捏ねの材料の黒豆、甘納豆以外を入れ生地を作ります。

ポーリッシュ種も上から加えてホームベーカリーのパン生地コース、具は「あり」でセットします。

具のブザーが鳴ったら、黒豆と甘納豆を入れます。

STEP3:分割、ベンチタイムを取る

打ち粉をかけて、2つに分割。丸めてから乾かないように濡れぶきんなどをかけて室温で20分置いておきます。

STEP4:成形する

めん棒で生地を伸ばして、端からくるくると巻いて成形します。

左は時計回りに巻くように、右は反時計回りにするのがポイントです。

STEP5:2次発酵

オイルスプレーを塗った1斤型の食パン型の中にSTEP4で作った生地を入れます。

オーブンの35度で60分加熱し、二次発酵をします。

オーブンに低温発酵機能がない場合は、室温で60分ほど置いて型の8分目になるまで置いておいてください。

STEP6:焼成する

八分目まで生地が伸びたら、蓋をします。

予熱をかけておいた190度のオーブンで30分加熱します。加熱後はまな板の上から軽く落とすようにすると型離れがよくなります。

完成!

蓋をつけて焼いたので、四角いキューブ状の食パンができました。

切ってみると、豆が残っているのがわかります。

具材として入れたので、パン生地にも白っぽい部分、黒っぽい部分が混ざっていてあんの甘さが全体的に感じられるパンになっています。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。