1. コミュニケーション
    2. 完璧じゃなくても十分通じる英会話のコツ

    完璧じゃなくても十分通じる英会話のコツ

    多くのアメリカ在住の日本人は実はパーフェクトな英語を話しているのではありません。日常会話で必要な表現さえマスターすればなんとかなってしまうのです。

    ここではアメリカ在住経験有りの筆者の経験を通じて完璧じゃなくても通じる英会話のコツを紹介します。

    意識すべき点

    • 大きな声でハキハキと話す
    • 身振り手振りもつけましょう
    • ちょっとオーバーなくらいがちょうどいい
    • 発音にメリハリをつけた方が理解されやすい
    • スマイルを忘れずに

    挨拶は重要!

    会った時はスマイルしながら

    • 「Hi」
    • 「Hello」
    • 「Good morning!」

    お別れするとき

    • 「Bye!」「Good bye」(さようなら)
    • 「See you!」(またね!)
    • 「Have a nice day!」(良い1日を!)

    単語を並べるだけ

    完璧なセンテンスで話そうとすると緊張しますが、必要な単語を先に言ってからでもなんとかなるのです。そのあとに「please」をつけます。

    コーヒーが欲しい時は「coffee, please」と言えばコーヒーがもらえます。スーパーで買い物をすると必ず聞かれるのが「Paper or plastic?」ですが、これは入れる袋を紙袋かビニール袋がいいかの質問です。「Plastic, please」でビニール袋に入れてくれます。

    単語も思いつかない時は 代名詞でもthis, that , it, theyでも代用可能です。

    意外と簡単な動詞を使っている

    普段よく使う動詞はdo, have, get, take, make, know, want, like, help, come, goです。 これらの動詞は中学で習いますから、会話も慣れれば難しい表現はあまり必要でないことがわかってきます。

    何かを頼むとき

    よく使うのが

    • 「I'll have~」
    • 「Could I have~」

    です。「〜をもらいたい、 〜をもらえますか」の意味。

    遊びに誘ったり誘われたとき

    • 「Can you come over?」(ちょっと遊びに来ない?)

    相手が来られるなら場合は、「 I can come.(行けるわ)」「Thank you for having me.(よんでくれてありがとう)」などの返事がもらえます。

    can と cannnotはよく聞き間違えてトラブルのもとになります。
    きちんと確認しましょう。「Did you say can or cannot?」

    5W3Hをしっかり確認

    会話では以下のポイントを押さえて聞き取ります。

    • Who だれ
    • What なに
    • When いつ
    • Where どこで
    • why なぜ
    • How どうやって
    • How many いくつ
    • How much いくら

    わからないときは

    • 「Excuse me, I don't understand you.(すみません。わかりません。)」

    と言うか、以下のように聞き直して確認します。

    • 「Did you say~」~って言いましたか?)

    おわりに

    いかがでしたか。ここでは難しい表現を使わなくてもできる英会話のコツを紹介しました。少しでも役に立ちますように。

    (photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人