\ フォローしてね /

楽天カードの暗証番号を忘れた時の対処法【体験談】

クレジットカードの暗証番号があると支払い時にいちいちサインしなくても支払いが出来るのでとても便利ですよね。ここでは筆者が楽天カードの暗証番号を忘れてしまった時の経験談を紹介します。

暗証番号を忘れてどうしたか

サインレスの便利さに慣れてしまっているので筆者がクレジットカードの暗証番号を忘れてしまった時はサインすることがとても面倒に感じてしまいました。

暗証番号でOKの店は当然のように暗証番号を入力する端末を差し出してくるので、「サインで」というのがまずストレスです。

店員もめんどくさいという感じでサイン用のレシートを出してホルダーにセットしてペンを渡して…となるので買い物がストレスになりました。

暗証番号が分からなくなった場合どうすればよいのか分からなかったので、しばらくはガマンしてサインを続けていましたが、2か月経った頃にいちいちサインする時間のロスに耐えられなくなり、ネットで暗証番号の照会方法を調べました。

すると、意外な事にとても簡単に、オンラインですぐ暗証番号の照会ができることが分かりました。

楽天e-NAVIが利用できる場合

楽天e-NAVIが利用できる場合はe-NAVI上ですぐ確認することが出来ます。

楽天e-NAVIの利用登録をしていない場合

楽天カード コンタクトセンターへ電話すると登録されている住所へ暗証番号を郵送してもらえます。

楽天カード コンタクトセンター  0570-04-6910(自動音声専用 24時間 年中無休)

音声アナウンスが流れるので、最初のガイダンスの途中3300#を押すとダイレクトメニューでつながります。ガイダンスに従ってメニューを選択することもできます。暗証番号の照会は 3#各種変更3#暗証番号の照会です。1週間程度で登録されている住所へ暗証番号が郵送されます。

感想

楽天カードの場合、楽天e-NAVIを利用していればネットが出来る環境さえあればすぐに自分の暗証番号を確認することが出来ます。筆者は日頃から楽天e-NAVIを利用していたのですぐに暗証番号を照会することが出来、サインレスの快適なクレジットカードライフに戻ることが出来ました。

楽天e-NAVIでは暗証番号を照会するだけでなく、暗証番号を変更することも出来ます。忘れてしまうような暗証番号にしている場合は、ぜひ覚えやすく絶対に忘れない・かつ安全な暗証番号に変更しておくことをお勧めします。

おわりに

楽天カードの暗証番号を忘れてしまって困っている方がいたら、すぐに確認できますのでこのレシピを実践してみてくださいね。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。