\ フォローしてね /

トルコ滞在で役立つ おすすめのトルコ語のフレーズ

著者は、先日まで数年間イスタンブールに住んでいました。トルコ語は、タクシーやバザールで値段を聞いたり交渉したり、お店で値段を間違って請求されたときに正したり、という、日常生活をこなすレベルで話していました。

ここでは、トルコに旅行するときに便利なフレーズをご紹介します。

お役立ちトルコ語フレーズ

Merhaba! こんにちは!

有名なメルハバですね。でも、発音はむしろ「メーラバ」に近いです。トルコの人に、メルハバではなく「メーラバ!」と挨拶してみてください。「こなれたトルコ語を話すね!」と喜ばれるかもしれません。

もっと試したい人は、メーラバに続けて

  • Nasilsiniz? お元気ですか?

も言ってみましょう。発音は、「ナススヌス?」です。真ん中の「l」はほとんど発音されません。

Kac para? いくらですか?

バザール、レストラン、ショッピングモールなど、値段を聞くときにはこれでOK。
発音は、「カチ パラ?」です。

例えば、商品を指さしながら「Bu (これ) kac para? (おいくらですか?)」で充分です。トルコ人も、このようなシンプルな聞き方をします。

hangi どちらの

hangiを使った、旅行中に便利な表現は、

  • Taksim'e hangi otobus gidiyor? タクシムにはどのバスが行きますか?

発音は、「タクシメ ハンギ オトビュス ギディヨ?」で通じます。

文頭の場所の名前を替えれば、行きたい場所に行くバスがどれなのかを聞くことができます。

例えば、イズミルに行くバスを聞きたいときは、

  • Izmir'e hangi otobus gidiyor? イズミルにはどのバスが行きますか?

と言えば教えてくれます。

Tesekkurler! ありがとう!

何かをしてもらった時は、笑顔で

  • Tesekkurler! ありがとう!

といいましょう。発音は、「テシェキュラー!」で通じます。

Iyi gunler! 良い一日を!

こんにちは、という意味でもつかわれますが、人と別れるときに、さようならの意味でもつかわれます。

発音は、「イイ ギュンラー」です。

よりさようならに近いフレーズは、

  • Gorusuruz また会いましょう

というのがあります。発音は「ギョルシュルス」です。

著者は個人的に、GorusuruzよりIyi gunlerの方がポジティブな感じがして好きでした。また、相手と今後実際に会わないと思われるときは、やはりIyi gunlerの方が適切かもしれません。

トルコを旅行する人に向けて言語に関するアドバイス

トルコでは、日本語はほぼ通じません。旧市街などの観光地では、日本語を話すカーペットショップなどの店員もいますが、それ以外ではほとんど話す人はいません。

一方、英語は、観光地やホテルなどではほぼ通じます。道を聞いたりするレベルなら、英語でも何とか意思疎通できるでしょう。

トルコ人は、外国人がトルコ語を話すと非常に喜びます。英語で確実なコミュニケーションをとるのも大事ですが、トルコ語も使ってみると、より仲良しになれるかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?トルコ人との会話を楽しみつつ、安全に旅行してくださいね!

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。