\ フォローしてね /

美味しいアジの見分け方

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

昔から日本の食卓に登場する魚の1つにアジ(鯵)があります。クセが少ないので食べやすく、多くの人に愛されている魚といって過言はないでしょう。筆者もアジが大好きで、中でもアジの塩焼きは大好物なのです。

スーパーでよく見かけますが、一体どこの産地・どんな状態のアジが美味しいのか…その見分け方をご説明します。

美味しい味の見分け方

美味しいと言われる時期

アジは1年を通して漁獲されますが、小型のアジは夏に、大型のアジは冬が旬と言われています。全体を通してみると、大体5月から8月にかけてが最高と称賛されています。

アジの生産地

主に北海道南部以南の太平洋、そして日本海のほぼ全域で漁獲されます。そして、各地域で水揚げされた高鮮度のアジがブランド化しています。大分県佐賀関の「関あじ」は有名です。

その他にも…

  • 愛媛県三瓶町「奥地あじ」
  • 長崎県三重町「ごんあじ」
  • 愛媛県西宇和郡伊方町「岬あじ(はなあじ)」
  • 長崎県長崎市の「野母(のも)んあじ」
  • 長崎県松浦市「旬あじ(ときあじ)」
  • 山口県萩市「瀬付きあじ」
  • 宮崎県延岡市の「灘あじ(北浦)」
  • 島根県浜田市の「どんちっちあじ」

これだけブランド化されたアジが存在するのです。

形で見分けるポイント

ぱっと見ても、どこを基準に美味しいかを見分けるか、中々分からないかと思います。ここで筆者がこれまでの経験の中で身につけてきた、アジの鮮度の見分け方をお教えします。

  • 触ると身が硬く、まるまる太ってピンと張ったもの
  • 全体的に輝きがあるもの
  • 目が澄んでいるもの
  • 細かなウロコがついているもの
  • 大体、1尾あたりの重さが100g~150gぐらいのもの

目の周りが赤黒く濁っているものや、血がにじんでいるものは鮮度が落ちているものなので注意して下さい。

おわりに

アジの美味しい調理法はたくさんあります。塩焼き・刺身・なめろう・フライ…。鮮度のよいアジで調理した方が、より美味しく頂けると思います。

どうかご参考になさって、そして美味しいアジを食してください。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。