\ フォローしてね /

可愛い子ねこ型お手玉の作り方

日本の伝統的な遊びであるお手玉。現在大人の女性なら、一度は手にして遊んだ記憶があるのではないでしょうか。筆者も、可愛らしいお手玉を祖母に作ってもらって、たくさん遊んだ思い出があります。

しかし、最近は小さな子供もゲーム機などで遊ぶようになり、お手玉の姿をあまり見なくなりました。お手玉遊びは身体の上手い使い方を学ぶ良い機会でもあるので、今の子供たちにも楽しく遊んでもらいたいですね。

そこで、まずは見た目で子供たちに興味を持ってもらえるような、可愛い子猫の形のお手玉の作り方を紹介します。家にあるもので作れるので、お子さんに作って差し上げてはいかがでしょうか。

用意するもの

  • 直径12cmの円形の布(柄):1枚
  • 直径8cmの円形の布(無地):1枚
  • 一辺3cmの三角形の布(無地):4枚
  • 長さ15cmくらいの太めの紐:1本
  • ボタン:1個
  • 米:少量
  • ラップ:適量
  • 布用接着剤(ボンドでも可)

ネコ型お手玉の作り方

STEP1:米を詰め球形にする

丸い布の端を縫い、中に米を詰め、絞って球形にします。

無地のものも柄つきのものも同様にして、大小の玉を二つつくりましょう。

米と布の間にラップをひいておくと、虫食いになりにくいと思われます。

STEP2:耳を付ける

大小の玉を、絞り口同士で合わせ、縫いつけます。

三角形の布(2枚ずつ)の2辺を縫いつけ、裏返して耳をつくり、小さい玉に縫いつけます。

耳をつけるとき、少し縦に折り曲げるようにすると、より耳らしくなります。

STEP3:紐にボタンを付ける

紐の端から1cmの所にボタンをつけます。

STEP4:首に紐を巻き付ける

黒い糸で顔を刺繍し、首に紐を巻きます。

ボタンが真ん中にくるようにして紐を交差させ、端を切り落として長さを調節し、布用接着剤などでくっつけて完成です。

顔を描く際、首のあたりから針を通せば、あとで紐を巻いたときに縫い目を隠せます。

おわりに

ここで紹介しているサイズは小さなお子様の手に丁度よい大きさです。耳の部分がかなり小さくなるので、細かい作業が苦手な方は全部の布を大き目に切りましょう。

耳の形を変えれば、うさぎなども作れます。

動物を変え、布地を変えて、様々なパターンのお手玉を作ってみてはいかがでしょうか。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。