\ フォローしてね /

株初心者&長期投資派向け!株式投資での銘柄選びの方法

株式投資は、売買を頻繁に行なってその差額から利益を得る短期投資と、購入した株を長く持ち続けて配当や株主優待で利益を得る長期投資の2パターンに分ける事ができます。選ぶ銘柄やその基準は投資スタンスによって異なってきますので、まずは自分が行なうスタンスを決めておくのがいいでしょう。

ここでは筆者が行なっている長期投資を基本に話を進めていきます。売買を頻繁に繰り返すわけではないので手数料もかさまず、空いた時間を使ってじっくり取り組める長期投資は、初心者の方にもオススメです。

2012年、記事作成時の情報です。

普段の生活の中から探してみよう!

銘柄選びの方法は色々とあります。証券会社のホームページでスクリーニング機能を使って自分の条件に合うモノを探してみたり、四季報や金融系雑誌などを手がかりに調べてみるのも一つでしょう。

ただ、それらの方法を用いるにはある程度の知識も必要になるので初心者の方には難しい部分もあるかもしれません。そういう場合は、まずは自分の身近にあるものの中から探してみる事をオススメします。例えば普段よく行く飲食店であったりいつも使う生活用品や利用しているサービスなど、自分の生活に関わる企業に注目してみます。

その中で特に気になる会社・好きな会社をピックアップしてみましょう。いくつか挙げる事ができたらさらに条件などを絞り込んでいきます。

銘柄の情報を調べてみよう!

まずはピックアップした会社が上場しているかを調べます。上場していない会社の株は一般の個人は買う事ができませんからね。これは証券会社のホームページで名前を入力すればすぐにわかります。

上場している事がわかれば、その会社の事を少しだけ調べていきましょう。と言っても、業績などを一から調べるのは手間もかかるしやはり知識も必要になってくるので、ポイントを絞って自分の条件に当てはまるかどうかを見ていきます。以下は全て証券会社のホームページでチェックできます。

配当と株主優待

長期投資では配当と株主優待で利益を得る事になるので、まずはそれらをチェックしてみましょう。配当がどれくらいあるのかを見れば、その会社がちゃんと利益を出していて株主への還元もきちんとしているかどうかの目安にもなります。

株主優待はその会社のサービスや製品に関わるモノも多いので、身近な企業から選べば実用的なモノも多いはずです。

株価と売買単位

予算内で購入できるかどうかをチェックします。また、現在の価格で購入した場合は配当や優待の利回りがどれくらいになるのかも見ておくといいでしょう。

一般的には配当だけの利回りを見た場合は3%あれば高い方、株主優待に関しては様々ですが金額換算した場合に10%を超えるようなモノもあります。

権利確定日

権利確定日というのは、その日までに株を購入すると配当や優待をもらえる日程の事です。だいたいの会社は年に1〜2回設定されています。また、権利確定日の前には株価が大きく値上がりする事もあるので、なるべく安く買いたい場合は権利確定日に近い時期を避けるのが無難と言えます。

上記の他にも経営業績や財務状況など投資の判断材料は色々とありますが、普段の生活の中で見つけられる身近な会社から選ぶのであれば、これらのポイントに自分が知っている製品・サービスの情報やイメージを掛け合わせて選んでみてもいいと思います。

銘柄の紹介!

筆者は現在20銘柄ほど保有していますが、その中のいくつかを紹介してみたいと思います。今回は投資金額が10万円以下で購入できるモノを挙げてみます。

ポイント

複数のファンションブランドを展開するポイントからは、年に一度2000円分の商品券が株主優待として届きます。ちなみに最低投資金額は3万円前後で配当利回りはおおむね4%となかなか高利回りな銘柄です。

ビックカメラ

ビックカメラの株主優待は商品券が年二回。2月は2000円分、8月は1000円分の合計3000円分ですが、一年以上保有していると年数に応じてさらに追加で優待がもらえます。株価は4万円前後、配当は500円×年二回です。

正栄食品工業

正栄食品工業からは最低単元保有で年一回お菓子の詰め合わせが届きます。今年の中身は金額換算で約1700円分でした。投資金額は6万円前後、配当利回りはおおむね2%とまずまずな銘柄です。

おわりに

株式投資における銘柄の選び方は投資家によって様々ですし、目的やスタイルによってもその基準が変わってきます。うまく方法を見つけられない方は、まずは自分のスタンスに近い投資家の方法を真似てみるのもいいと思います。

今回は筆者が普段行なっている投資方法をもとに銘柄の選び方を書いてみました。もし銘柄選びに迷っている方がいましたら、この記事が参考になれば幸いです。

(photo by 筆者)
(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。