1. 趣味
    2. お手玉1個での遊び方5選!

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お手玉1個での遊び方5選!

    お手玉は1個でもいろいろ遊べます。単純なので簡単に見えますが、初心者には結構難しいものです。

    本記事では、1個のお手玉を使った遊び方を5つ紹介しますので、お手玉遊びの導入にお使いくださいね。

    1:片手でポンポン(表)

    片方の手のひらに、お手玉を一つのせます。(利き手がよいでしょう)

    お手玉を真上に放ります。おちてきたらつかまずに、手のひらは広げたまま弾いてまた上に放ります。何回続けられますか?

    慣れたら反対の手でもやってみましょう。

    2:片手でポンポン(裏)

    こんどは、手の甲の方にお手玉をのせて、1と同じようにします。

    ちょっと難しいですよ。

    3:片手でポンポン(裏表交互に)

    1,2を裏表交互にやってみましょう。お手玉が空中にあるうちに、手を裏返しにします。

    上手にできるようになったら、歌にあわせてやってみましょう。

    好きな歌で、裏表1回ずつ交互にでもいいのですが、「あんたがたどこさ」の『さ』の部分だけ裏にするなんて方法も楽しいですよ

    4:両手で行ったり来たり

    まず右手にお手玉を持ち、左斜め上に放ります。それを、左手でキャッチします。

    今度は、左手で右斜め上に放り、右手でキャッチします。

    また右手で放ります。何度も繰り返します。

    単純ですが、ちゃんとキャッチできる位置に投げること、キャッチすること両方が意外と難しいのです。

    5:両手で一方方向に

    まず、右手にお手玉を1個持ちます。両手ともに、手のひらを上に向けてくださいね。

    STEP1

    右手のお手玉を左斜め上に放ります。

    そして左手でキャッチ。

    STEP2

    左手にあるお手玉を、右手で迎えに行って、つかんで元の位置に戻ります。

    (左手で右手に渡しに行ってもよいです。やりやすい方でどうぞ)

    STEP3

    続けてまた左斜め上に放ります。

    STEP1.2.3をリズム良く繰り返します。
    定番の2個を練習する前に、1個でイメージをつかみましょう。これができたら、お手玉が2個になっても大丈夫!

    おわりに

    お手玉1個で遊べるので、大人数でも一緒に遊べますね。

    2個以上で遊ぶ前の手慣らし?にもどうぞ。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人