\ フォローしてね /

食べなきゃもったいない!韓国のおすすめストリートフード

お店で食べる食事はもちろん、韓国はストリートフードも美味しくて、お腹も満足するものが多いです。

ここでは著者の大好きなストリートフードを紹介します。

韓国おすすめストリートフード

1:ホトック

ホットケーキ生地の様なものに、シナモンシュガー餡をたっぷり入れて揚げ焼きにしたもの、といった感じです。

出来立てのホトックは、シナモンシュガー餡での火傷に要注意ですが、熱々は最高に美味しいですよ。

行列のできる人気店もありますが、初めて食べるのであれば、ホトックスタンドを見つけたらとりあえず試してみましょう。やみつきの美味しさです。

2:シッケ

お米で作られた、やさしい甘さが懐かしい味わいの飲み物です。ごくうすい甘酒、といった感じでしょうか。

アルコール分はもちろん入っていないし、お米が原料なので、小さなお子さんにも安心です。

缶入りシッケもスーパーなどで購入できますが、特に夏場は、スタンドを見つけたら買ってみてください。

3:トッポッキ&おでん

日本でもすっかり知名度の上がったトッポッキ。甘さと辛さ、ほのかなにんにくの風味、日本にはない独特の食べ物ですよね。(写真左)

「オム」と呼ばれるさつま揚げのような、魚の練り物を、なぜか「おでん」と言います。トッポッキの中にも入っていることがあります。

そのおでんを串刺しにして、まさにおでん出汁のようなもので煮たもの、これもぜひ試して頂きたいストリートフードです。(写真右)

おでんが売られているスタンドには、たいてい小さな紙コップが置いてあります。これにおでん出汁を汲んで自由に飲めるんです。

トッポッキもおでんも食べごたえがあるので、昼食としてもおすすめです。

4:トック

最後に正確にはストリートフードではないですが、トックを紹介します。トックは韓国のお餅です。

トッポッキの中にも白いお餅が入っていますが、写真のようなトックは餅菓子で、中に蜜が入ったものや、豆が練りこまれたものなどがあります。

韓国では祝いの席の必需品といった趣ですが、もちろんカジュアルにおやつとして食べても良いですよ。

著者は、蜜の入った丸い小さなクルトックが好きです。噛むと口の中に甘いシロップがパッとはじけ、2つ、3つと後引く美味しさですよ。

著者の韓国渡航歴

韓国へは3回ほど行きました。1回目は「冬ソナ」ブームが落ち着いた頃。2度目は4年前、そして今年の6月で、いずれもソウル滞在です。

1回目の韓国旅行はツアーだったのですが、ガイドさんにストリートフードは食べないように、と念を押されました。万が一に備えてのアドバイスだったのでしょうが、本当にもったいないことをしたと思っています。

それからは、韓国好きの従妹からたくさん情報を仕入れて、いろいろなものを試すようになりました。

おわりに

韓国には日本人の味覚に合う美味しいものが沢山あります。有名店、話題の店での食事も良いですが、ストリートフードもぜひ試してみてくださいね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。