1. コミュニケーション
    2. 就職活動で役に立つ自己分析の方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    就職活動で役に立つ自己分析の方法

    皆さんは、自分について、どのぐらい知っていますか。就職活動は自己分析から始まるともいえます。自己分析が上手くいけば、履歴書を書くとき、面接のとき、つまることも少なくなります。

    今日は就職活動で役に立つ自己分析の方法を紹介します。

    自己分析はどんなことをするの?

    • 自分の長所や短所、好き・嫌いなこと、得意・不得意なことを書く
    • 家族や友人、先生に自分の長所・短所などについて聞く
    • 自己分析の本を読む、大学のセミナーに参加する
    • インターネットの自己分析のサイトを利用する

    このようなことがあげられます。

    自分について知ろう

    自分の履歴について思い出す

    いきなり自分の長所と短所を考えるのもいいですが、まずは小さいときから今までの自分の履歴書を作りましょう。履歴書といっても、ただ学歴やバイトのことを書くものではありません。

    小さいときに好きだったこと、辛かったこと、みんなで頑張ったイベント、サークル活動など思いつくまま書いていきます。特に、高校以降、大学生活を中心に思い出して、メモします。

    一つ一つを分析

    次に、一つ一つについて掘り下げて分析をします。好きだった・頑張ったことがあったら、どうして好きだった・頑張ったか、どう行動したか。辛かったことがあったら、どうやって克服したか。サークルではどんな役割だったか。

    その中から、面接でよく聞かれる「長所・短所は何ですか」「学生時代に頑張ったこと」「辛いことがあったとき、どうしますか」などの質問の答えのヒントが出てきます。

    将来についても考える

    今までの履歴について考えたら、次に5年後、10年後自分がどうなっていたいか、目標としている人、やってみたいことなど、将来についても自由に書いていきます。

    次に、どうして、目標の人がその人か、どうして、そのことをやってみたいか、5年、10年後目標に到達するために今の自分に何が足りないか、何をしなければいけないか、を考え、簡単にまとめます。

    自分を知っている人に聞いてもらう

    上のことを簡単にまとめたら、今度は、家族に自分について聞いてみて、それをメモします。次に、自分で考えた自己分析について、評価してもらいます。

    自分の自己分析に家族の意見を入れて、更に友達の意見を聞きます。一緒にいるとき、どう見えるか、仲間ではどんな役割かなどを聞いてみましょう。

    友達は長所は言ってくれますが、なかなか短所は言ってくれないものです。そんなときは、自分や家族の意見を言って、評価してもらい、話を広げるようにします。

    そして、最後にそれらをまとめます。

    おわりに

    自分のことは知っているようで、なかなか知らないものです。就職活動を進めるうちに、自己分析もどんどん変わっていきますので、何かの機会に、ちょっと空いている時間に、いくつかのステップで行ってください。

    このライフレシピを書いた人