1. コミュニケーション
    2. 意外と知らない手紙やメールでの敬称のつけ方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    意外と知らない手紙やメールでの敬称のつけ方

    このライフレシピのもくじたたむ

    「○○様」とか「○○御中」とか、手紙やメールを送る時の敬称のつけ方って迷ったりしませんか?

    そんな時のために、手紙やメールを送る際の敬称の使い方をまとめてみました。

    敬称のまとめ

    一番簡単ですね。しかしこの「様」は個人名につけるものです。個人名の後はすべて様になります。

    山田太郎様

    のようになります。肩書きをつける場合ももちろんこのままで

    営業課長 山田太郎様

    のようになります。

    御中

    会社や団体宛に使います。

    へっぽこ株式会社御中

    ですとか

    へっぽこ庁御中
    財団法人へっぽこ御中

    といった感じです。

    殿

    これは肩書きだけの場合に使います。

    営業課長殿

    という感じですね。

    前述の通り、「営業課長 山田太郎」宛でしたら「営業課長 山田太郎様」になります。山田太郎殿、にならないように気をつけてください。

    たとえば、ダイレクトメールを営業課長に出したいけど、名前は知らない、といった場合によく使います。

    つまり、「殿」は目上の人に使っては基本ダメです。

    但し、社内で人名等に添える敬称について「対内文書は「殿」を用い、対外文書は「様」を用いる。」などという規定がある場合があります。この場合は規定に従い、社内では目上の人に使用してもOKです(日本的には、それぞれの社風に従うのもまたマナー?!)。

    各位

    同じものを多数の人に宛てる場合に使います。多い例ですと、

    へっぽこ株式会社 株主各位
    会員各位

    といった形です。

    「各位」には敬称も含まれていますので、ここで「株主各位」としないように注意してください。「みなさまへ」というのを「みなさまさまへ」と書いているようなものになってしまいます。

    おわりに

    メールの時代になり、手紙を送ることが少なくなってきた現代ですが、メールでも覚えておきたい最低限のマナーですね。メールや手紙を送るときに参照してください。

    このライフレシピを書いた人