\ フォローしてね /

道具いらずで簡単に腹筋を鍛える足上げ筋トレ法

紹介する腹筋を鍛える方法は、日頃思い出した時だけやっているエクササイズです。ムキムキにはなりませんが、この方法でウエストがすっきりし太りにくい体になりました。

いつでもどこでも簡単にできるので、長く続けられることができるはずです。

道具いらずで簡単に腹筋を鍛える方法

STEP1.あおむけに寝転がる

音楽を聴きながらでもテレビや映画を見ながらでもOK!リラックスできる環境で!

はじめは上半身を起こしてもかまいません。座椅子に座りながらでもできます。           

布団やマットなどの上や、腰のあたりに枕やクッションを敷いておくと体の負担が減ります。

STEP2.足をゆっくりとあげてとめる

息をゆっくりと吐きながら足を上げ、とめます。上げる角度によって腹筋にかかる力も変わりますが、床から足が浮いていることが肝心です。ですのではじめは高く上げる必要はありません。

ひざを伸ばすとより効果的ですが最初は曲げてもかまいません。ご自身の腹筋レベルに合わせて調節するようにしてください。

この時、腹筋に力が入っているのを意識しましょう。両手をおなかに置いてみるとわかりやすいです。
足を上げる瞬間に腹筋に力が入ります。余裕があれば小刻みに足を上げ下げしてみるのもいいですよ。

STEP3.自分との戦い

床から足が浮いている状態で静止していると、だんだん体がプルプルとしてきます。そこからが自分との戦いです。限界を突破し、自分との戦いに勝利すればより大きな効果があります。自分の限界に挑戦するのもいいですが、ムリはしないように。

「もぉ、むりっ!」となったらあとは足を下ろすだけです。

自分と自分の腹筋をほめつつ2・3分ほど休憩を取りましょう。休憩を取ったらその日のやる気と体調に合わせ「1~2」を繰り返します。

アドバイス

重要なことは腹筋に力が入っていることを意識し、それが自分でわかるようになることです。

それがわかるようになったらアレンジしてみてください。上半身をねじりながらやってみたり、足を広げてみたり、交互にあげてみたりするとウエスト周りのさまざまな箇所に効くエクササイズができるようになるはずです。

お風呂に入りながらでも、イスに座りながらでも、運転中に信号を待ちながらでも、本当にいつでもどこでもできるはずです。

どこにどのくらいの力が入ってるのかを意識することが本当に重要なのです。

おわりに

1日だけでウエストがスッキリするなんてことはありません。いつでもどこでも簡単にできるので思い出した時に、思い出したようにやってみてください。続けることが何よりも大切なことですから。

(イラスト by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。