\ フォローしてね /

厳選!お土産に最適な兵庫県の日本酒

兵庫県は日本一の酒米山田錦の故郷です。著者は姫路生まれの播州人で、学生時代や仕事で各地を放浪した事はありますが、ここ20年は神戸を拠点にしています。

故郷兵庫県は、北は日本海から南は瀬戸内、淡路島からは太平洋まで望む海に挟まれた県ですが、元来は五つの旧国、但馬・丹波・播磨・摂津・淡路が一つとなりそれぞれ独自の文化風習を残しています。

五国が一つになったのですから、お土産にお勧めする物は海の幸・山の幸たくさんありますが、著者がお勧めするのは、山田錦から造られる日本酒です。今回はその日本酒をご紹介します。

著者の日本酒に関するエピソード

著者が日本酒を呑むようになったのは40歳を過ぎてから。亡くなった父が愛飲していた地酒はどんな味?と思い、口にしたらとても美味しかったのがきっかけです。

故郷の水と米で造られたお酒が、飲兵衛のDNAを呼び起こしたのか、それ以降あちらこちらの酒蔵を廻って、日本酒を楽しんでいます。

お土産にお勧めの兵庫県の日本酒

大吟醸 龍力「米のささやき」

著者の一押しは「龍力」を作る本田酒造。

奈良時代に編纂された播磨風土記に日本酒の製造方法が記されている事から日本酒の故郷と言われている播磨地方には25の酒蔵があります。

その中で一押しは、やはり父から呑み継いだ「龍力」です。「秋津」「吉川米田」「上三草」産地の名前を冠した大吟醸「米のささやき」は、兵庫県特A地区産山田錦を極限まで磨いて造ったこだわりの醸造酒です。

5代目蔵元本田龍祐氏が新しいコンセプトで造るドラゴンシリーズは、若者にもお勧めです。

純米吟醸「美酔香泉にごり」&本醸造「長生美禄」

兵庫県のお土産に著者がお勧めするのは、純米吟醸「美酔香泉(びすいこうせん)にごり」&熱燗に最適な本醸造「長生美禄」です。

この2本は価格も2000円前後と手頃ですし、兵庫県でしか手に入れにくいので、お酒好きな方へのお土産には喜ばれると思います。

姫路駅前にはアンテナショップがあり、有料試飲コーナーで試飲が出来ます。

「灘泉」&「徳若」

灘の生一本!といえば、ご存知の皆さんも多いでしょう。六甲山からの伏流水でミネラル分が多く含まれ、宮水で仕込まれたお酒は辛口豊酵の男酒といわれています。(京都伏見のお酒は軟水で仕込まれて、柔らかい口当たりから女酒と呼ばれます。)

灘五郷には50近い酒蔵があり、テレビCM等で有名な大きな蔵もあれば、手作りを続ける小さな蔵まで個性豊かなお酒があります。多すぎて悩むのですが、手頃なお土産としてお勧めるのは、昔ながら木造酒蔵で手作りしている「灘泉」、灘五郷で一番新しい酒蔵「徳若」です。

兵庫県で日本酒の呑み比べができるイベント

灘の日本酒を呑み比べてみたい方に最適なイベントがあります。西宮神社境内で、毎年10月第一土曜日から2日間開催される「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」では蔵元が軒連ねて試飲が出来ます。

お気に入りの1本を買い込んで、その場で乾杯出来るようにおでんなどの「お酒のあて(関西では酒の肴の事を「あて」といいます。)」も販売されている飲兵衛には嬉しいイベントです。

灘五郷では、色々なイベントを開催しており、女性限定イベントもあります。兵庫県に観光に来る際にはホームページをチェックして見て下さい。(最近では8社が統一ブランド「灘の生一本」として販売してます。)

女性へのお土産にお勧めの兵庫県の日本酒

音楽振動醸造酒「夢の扉」

お酒造りに欠かせない技術者集団杜氏。日本三大杜氏の一つ丹波杜氏の故郷篠山には、女性へのお土産にお勧めの音楽振動醸造酒「夢の扉」があります。

モーツアルト交響曲第40番・ベートーベン交響曲第6番「田園」・丹波篠山の民謡「デカンショ節」を聴かせています。

自らの音楽好きが高じて、醸造中お酒に音楽を聴かせれば美味しくなるに違いない!とトランスデューサー(音を振動エネルギーに変換する装置)を醸造タンクに取り付け醗酵を促して造ったお酒は、口当たりも優しく女性にも喜ばれると思います。

醸造タンクにクラシック音楽を聴かせて醗酵させる鳳鳴酒造の西尾相談役。醸造タンクの様子は「ほろ酔い城下蔵」で見学可能です。

蔵によっては、蔵開きを開催し試飲が出来る蔵もあります。
ほろ酔い城下蔵
創業寛政九年 有形文化財に登録された酒蔵です。
〒669-2322兵庫県篠山市呉服町46電話079-552-6338
営業時間9:30~17:00 定休日火曜日

料理と一緒にお酒も楽しんで

兵庫県には150以上の酒蔵あります。皆さんも兵庫県に観光に来られた際は、美味しい料理にお酒も楽しんで、お気に入りの日本酒を見つけてお土産にして下さい。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。