1. 暮らし
    2. キリスト教の方の葬儀で言ってはいけない言葉

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    キリスト教の方の葬儀で言ってはいけない言葉

    このライフレシピのもくじたたむ

    キリスト教の葬儀

    日本は仏教での葬儀が多いため、キリスト教でのお葬式に出席した経験がある人が少ないかもしれません。経験がないからと言って、無礼なことをしていいわけでは当然ありません。特にびくびくする必要はありませんが、基本的なマナーは調べればなんとかなります。

    しかし、よくやりがちな言葉使いとして間違える人が多いので注意を欠いておきます。

    ご冥福をお祈りします

    よく日本の葬儀では

    「ご冥福をお祈りします」

    という挨拶を使います。

    しかし、キリスト教では「死」とは神に召されることとして、祝福されるべきものとされています。この言葉は言うべきではありません。言うとしたら

    「安らかな眠りをお祈りいたします」

    としましょう。

    マナーは難しい

    マナーって難しいですよね。宗教によって違うことも多々あるため、悪気がなくてもつい間違ってしまうことはあります。ただし、遺族にとっては非常に大切な場。しっかりとマナーを身につけて無礼がないようにしたいですね。

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ