\ フォローしてね /

大人の風味!柚子胡椒をきかせた親子丼のつくり方

ときどき無性に食べたくなる親子丼。そのままでも十分美味しいですが、オリジナルで一味加えたものも、やはりたまらない美味しさです。

我が家では、親子丼には必ず、隠し味に柚子胡椒を使います。実は、鶏肉と柚子胡椒は相性抜群。いつもの親子丼に比べて、風味豊かな大人の味わいになります。

材料(2人分)

鶏肉・・・200g
玉ねぎ・・・半分
長ネギ・・・半分(主に白い部分)
卵・・・2個
柚子胡椒・・・少々
めんつゆ(濃縮2倍)・・・大さじ2
水・・・1/2カップ

柚子胡椒親子丼のつくりかた

STEP1:鶏肉に柚子胡椒をなじませる

まずは鶏肉と柚子胡椒を袋に入れてなじませます。もみこんで、1時間ほど置くと、鶏肉に風味が移るだけでなく、肉が柔らかくなります。

STEP2:玉ねぎと一緒に炒める

鶏肉と柚子胡椒がなじんだら、薄切りにした玉ねぎと一緒に炒め、鶏肉に軽く焼き色をつけます。

これで親子丼に、お肉の香ばしさがプラスされ、さらに豊かな味わいになります。

STEP3:ネギを加え煮込む

ネギを加え、少し火が通ったら水を入れて煮沸させます。アクを取り除いたら、めんつゆを加えて中火で煮込んでいきます。

STEP4:溶き卵を回し入れる

15分ほど煮込んだら一旦火を止め、とき卵を回し入れます。弱火にして軽く混ぜ、卵が細かく固まってきたのが見えたら、ご飯にかけて完成です。

表面に細かく固まった卵が見える頃、底の方は卵に軽く火が通った状態です。このときに底から混ぜると、丁度よくトロトロの卵に仕上がります。

おわりに

柚子胡椒は柚子とトウガラシの入った調味料です。少量でもかなり効くので、お子様と一緒に食べる場合は柚子胡椒をかなり少なくする方が良いでしょう。

トロトロ卵とめんつゆのコクに、柚子胡椒のアクセントが加わって、一味違った親子丼です。

ご家庭の冷蔵庫に柚子胡椒があったら、是非試してみてください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。