\ フォローしてね /

ルクルーゼを使って「ほっとできる大根汁」の作り方

野菜を販売する道の駅の試食で出てきた「大根汁」がおいしかったので、再現してみました。ルクルーゼを使って煮込むことで、ほろほろと溶けるような大根になりおいしいです。

材料 (2~3人分)

  • 大根 1/2本
  • ぶなしめじ 1パック
  • たまねぎ 1/2個
  • にんじん 1/2本
  • 千代の一番(かつおだし) 1パック
  • 水 700ml

「ほっとできる大根汁」の作り方

STEP1:だし汁を入れる

分量の水をルクルーゼに入れ、千代の一番を袋をあけて入れます。

家庭で飲むので、袋を切って入れて使っています。

STEP2:材料を切る

大根は1.5センチ程度の厚さに切り、いちょう切りにします。皮も剥いておきます。

にんじんは皮を剥いてみじん切りにします。

たまねぎも同様にみじん切りにします。

しめじは石づきを切り、ほぐしておきます。

STEP3:鍋に具を入れる

STEP1の鍋に、大根から具を入れていきます。

具を切りながら入れていってもいいです。

その後、玉ねぎ、にんじん、しめじを入れます。

STEP4:ごく弱火で煮込む

沸騰したら、蓋をして弱火にして60分。大根が透明になり、柔らかくなるまで煮込みます。

とにかく弱火で煮込むのがポイントです。

完成!

味噌などは溶かず、そのままで食べます。だしと野菜のうまみだけなのですが、箸でほろっと崩れる大根がおいしいです。

ルクルーゼを使うことで、煮込んだ大根が柔らかくなってとてもおいしくなります。STEP4の後、時間があれば蓋をしてそのまま放置しておくと保温調理されて更に大根がやわらかくなります。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。