\ フォローしてね /

入園・入学に役立つ!裏地つきレッスンバッグの作り方

お子さんが保育園や幼稚園に通う時に必要な「レッスンバッグ」。作るのはちょっと大変、でも自分の子だけ既製品というのも...。なんて悩んでいませんか?安心してください!初心者でも出来るレッスンバッグの作り方をご紹介します。この方法でやれば一見難しそうな裏地付きバッグも短時間で簡単に出来ちゃうんです!これを機に手作りデビューしてみてはいかがですか?小さい頃使っていたバッグって案外思い出に残ってたりしますよ。
このライフレシピのもくじたたむ

お子さんが幼稚園や保育園に通うときに必要なレッスンバッグですが、家事などで忙しい中作るのはいかんせん大変ですし、作り方を知らなければかなり面倒な代物ですよね。しかし、作る以上は周りのお母さんたちよりもきれいなものを作りたいと思ってしまうのも人の性です。

そこで、ここでは短時間で作れて、内側にもしっかりと裏地がついたレッスンバッグの作り方を紹介します!

裏地をつけるのは、ちょっと難しく思えるかもしれませんが、このやりかただと初心者さんでも、簡単に美しく裏地がつけられます。この記事を読んで、レッスンバッグを作ってみましょう!

材料

  • 柄物の布(表地)... 50cm×50cm
  • ピンク水玉の布(表地).. 25cm×50cm
  • 生成りの布(裏地)... 70cm×50cm
  • 取っ手用テープ... 70cm
  • ミシン糸... 適宜
きれいに作るため、布はあらかじめ水通しと地直しをしておきます。やり方は、まず生地を水に漬け、陰干しをして、半乾きの状態で裏からゆがみをとりながらアイロンをかけます。こうしておくと、洗っても縮んだり、ゆがんだりしにくくなります。
生地は綿麻キャンバスやオックス、デニムなどある程度の厚みと張りのあるものが向いていますが、薄い生地を使いたい場合はあらかじめ裏に接着芯を貼って補強すれば作れます。

地つきレッスンバッグの作り方

STEP1:生地を切る

画像のサイズどおりに生地に印をつけ、その周りに縫い代1cmをつけて裁断します。

STEP2:切り替えを縫う

表地と切り替え布を縫います。縫い代は上に倒してステッチをかけます。

お好みで縫い目にトーションレースなどをあしらっても可愛いです。アップリケなどをつける場合は、この状態で塗っておくと仕上がりがきれいです。

STEP3:取っ手を仮止めする

表地の両側に、取っ手を仮止めしておきます。

STEP4:裏地をつける

表地と裏地を中表にあわせ、袋口を縫います。縫い目は割っておきます。

STEP5:脇を縫う

中表のまま内側を広げ、袋口を合わせて両脇を縫います。そのとき返し口は残します。縫い代は割ります。

STEP6:返し口を縫う

袋を裏返し、返し口の部分を細かくまつって閉じます。

STEP7:袋口を縫う

袋口にぐるりとステッチをかけます。

STEP8:完成!

アイロンをかけて形を整えたら完成です。

布地のデザインを変えれば、男の子のレッスンバッグとしても使えるので、ぜひ色々とアレンジを加えて作ってみて下さい。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。