1. 料理
    2. 新鮮で美味しいピーマンの見分け方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    新鮮で美味しいピーマンの見分け方

    にがくて苦手な子どもも多いピーマン。だからこそ少しでも美味しいピーマンを手に入れたいですよね。そこで今回は新鮮で美味しいピーマンの見分け方をご紹介いたします。

    新鮮で美味しいピーマンの見分け方

    ヘタがみずみずしくて綺麗

    ヘタが黒っぽく変色していたり、乾燥しているものは古くなってきています。ヘタがみずみずしくて綺麗なものを選ぶようにしましょう。

    均一に濃い緑色

    色ムラがなく、濃い緑色をしているものを選ぶようにしましょう。

    古くなってくると、白緑色のような大きめの斑が出てきます。そこからカビてきたりするのでよく見るようにしてください。

    はりとつやがある

    古くなってくると表面がよれたりしなびたりしてきます。実にはりとつやがあるものを選ぶようにしましょう。

    ヘタが6角形以上

    多くのピーマンはヘタが5角形ですが、よーく探してみると6角形以上のものもいくつかあります。6角形以上のものは比較的苦味が少ないとされているので探してみてください。

    ぽこぽこの数ではなく、ヘタの形です。

    おわりに

    このレシピを参考においしいピーマンを探してみてください。

    (photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人