1. 料理
    2. できあいのカツで作る「カツ丼」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    できあいのカツで作る「カツ丼」の作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    トンカツを作って、それからカツ丼にするのは大変な手間です。なので、うちではできあいのカツを買ってきてカツ丼を作ります。

    材料 (1人分)

    • できあいのトンカツ:1枚
    • 玉ねぎ:半分
    • 卵:1つ
    • 出汁の素:小さじ1/4
    • 砂糖:大さじ1
    • みりん:大さじ半分
    • 酒:大さじ半分
    • 醤油:大さじ2
    • 水:100cc
    ここでの説明はすべて一人前の作り方の説明ですが、写真は2人前の準備をしましたので見た目の量が多いので注意してください。

    カツ丼の作り方

    STEP1: 玉ねぎと卵の準備をする

    玉ねぎは串切りにし、卵は割りほぐします。

    STEP2: トンカツを切る

    トンカツを適当な大きさに切ります。

    STEP3: 出汁を作り玉ねぎを入れる

    フライパンに水、出汁の素、砂糖、酒、みりん、醤油、玉ねぎを入れて火を点けます。

    STEP4: カツを入れる

    玉ねぎが透明になったらカツを入れます。

    STEP5: 卵半分を入れてフタをする

    30秒ぐらいおいてカツに出汁が浸みたなら、溶いた卵半分を入れてフタをします。

    30秒ぐらいしたらフタを開けます。

    残った半分の卵を入れてフタをして火を消します。そのまま30秒ほど経つのを待ちます。

    完成!

    丼にご飯を盛り、そこにできあがったカツをのせたらOKです。

    丼専用の調理器具を使わなかったので、丼に載せるときに崩れてしまいましたが、ふわトロ卵のカツ丼ができあがりました。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人