\ フォローしてね /

すぐに実践できる、英語で丁寧文を書くポイント

はじめに

いざ英語で丁寧文を書こうとすると、難しく考えて回りくどい文章になっていませんか。

筆者はビジネスで英語でお客様とEMAILをやりとりする機会があり、お客様から頂いた文面から学ぶことが多くありました。すぐに実践できる簡単なポイントをご紹介します。

英語で丁寧文を書くポイント

例えば都合の良い日程を尋ねたい場合、

I want to know your convenient date.

をストレートな表現の例文として、2つの角度から丁寧文を書くポイントを説明します。

自分の意思を丁寧に伝えるMAY

少し丁寧な表現として、

I would like to know your convenient date.

願望を丁寧に表す表現としてwould like を使うのも1つ方法です。

しかし、would likeを使った表現は日本語訳に比べ、ネイティブの方には強制的なニュアンスに聞こえることもあるそうです。

May I know your convenient date?

Mayには許可するという意味があり、May I ~ と尋ねることで相手の意思を尊重したニュアンスが含まれます。

MAYは相手の意思を尊重した丁寧表現

相手に丁寧にお願いするCOULDLET ME~

  • COULD
Could you tell me your convenient date?

Canの過去形、Couldを使った疑問文にすることで、もしできれば・・・と仮定のニュアンスが含まれます。

COULDは相手の意向をうかがう丁寧表現
  • LET ME~
Please tell me your convenient date.

単純にPleaseをつけた表現は丁寧な命令文でしかありません。

Please let me know your convenient date.

Please let me~は、~させてほしいというニュアンスを含み、丁寧な依頼を表すことができます。

Please + 動詞の原型が丁寧文というのは間違い
相手に強制しない場合は、Please + 動詞の原型も使用OK
例)Please feel free to contact us.

丁寧文を書く意義

日本語のような敬語がないとされる英語ですが、相手やシチュエーションによって丁寧な表現を用いることは大変重要です。正しい英語、丁寧な英語を心がけると相手との信頼関係を早く築け、円滑なコミュニケーションがとれると実体験から感じます。

ご自身の意思を押し出したストレートな表現になっていないか、相手の意思を尊重しているかという点に注意してみてください。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。