\ フォローしてね /

袱紗(ふくさ)の包み方と、ご祝儀袋を渡す際のマナー

ご祝儀袋を渡す時、カバンから直接取り出して渡していませんか? これはノーマナーな行為になります。袱紗がない場合、ハンカチ等で代用してもいいですが、社会人になったのなら今後のためにも一つ用意しておきましょう。

袱紗の選び方

慶事(喜ばしいお祝い)では赤や山吹等、暖色系の物を選びます。弔事(葬式や法事等)では紺やグレー等、寒色系の物を選びますが、紫はどちらでも使えるので、一つ持っておくなら紫がお勧めです。

また、包み方を気にしなくていい便利なパスケース式の袱紗も多いです。

袱紗の包み方 step1

袱紗の中央より左寄りに祝儀袋を置いて、左の角を閉じます。

step2

上の角と閉じ、続けて下の角を閉じます。

step3

右の角を、裏へ折り返します。

step4

完成。左の辺に小さな三角が2つ出来るくらいがバランスいいです。

渡す際のマナー

受付についたらまず何よりも、「本日はおめでとうございます」等お祝いの言葉を伝えましょう。その際「新婦友人の〇〇と申します」等と名乗ると受付の人の名簿チェックがスムーズになります。

芳名帳などある場合には、ここで先に記帳しましょう。

ご祝儀袋は相手の見ている前で袱紗から取り出し、袱紗は広げっぱなしにしないで軽くたたみましょう。祝儀袋を相手側に(相手側に正面になるように)向け、「気持ちばかりですがお納めください」等言葉を添え両手で渡します。

最後に

袱紗の包み方は何も難しい事はありませんが、弔事の場合包み方は左右逆になりますので間違えないようにしてください。

慶弔用のリバーシブル袱紗の場合、ご祝儀を出した後、あまり裏面(弔事用)が相手に見えないようにたたむといいかもしれません。また、そこまで気遣える方なら受付マナーは心配ないでしょう。存分に、お祝いごとを楽しんでくださいね!

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。