\ フォローしてね /

30代夫婦のお金の人生設計のポイント【体験談】

筆者夫婦は30代も後半に入り、こどももいないため、教育費や住宅資金のことを飛び越えて、老後資金のことばかり考えるようになりました。そんな筆者夫婦のお金に関する目標を書きたいと思います。

筆者の世帯の概要

  • 世帯人数: 二人(こどもなし夫婦)
  • 世帯全体の月間収支: 手取り31万円(夫のみ、妻は専業主婦)
  • 世帯全体の月間貯蓄: 2万円
  • 世帯全体の年間貯蓄: 150万円(ボーナスも加えて)
  • ローン: なし

目標となるライフプラン

筆者夫婦は30代後半でこどもがいないので、将来は夫婦二人で過ごすことになりそうです。それゆえ、自分のこどもたちに養ってもらうという選択肢はありませんので、老後も自立した生活ができるように老後資金の貯蓄をがんばろうと思います。夫婦とも85歳まで生きると考えて、65歳までに5000万円貯蓄したいです。

海外旅行が好きですが、老後になってから行くのは体がしんどいと思うので、まだ若いうちにと、2年に1回は行っています。

具体的なマネープランの内容

  • 老後資金の貯蓄のため、年150万円貯蓄予定(30年で4500万円予定)
  • 夫が終身医療保険に入り、60歳で1000万円受け取れるようにしています

進捗・結果

今のところ年150万円の貯蓄にあと少し足りない状況ですが、筆者(妻)が働きに出れば達成可能な数字だと思いますので、仕事を探したいと思います。

夫の終身医療保険は最近入ったばかりです。途中で解約しないよう、コツコツと払って貯めていきたいと思います。

こうしておけばよかったと思うこと

独身時代は散財していたので、当時から結婚後のことや目標を持って、もっと節約して貯金をしておけばよかったです。

また、携帯代が高いので最近プランを見直しました。もっとこまめに見直しをしておけばよかったです。

やっておいてよかったと思うこと

結婚当初から車を所有していません。夫婦とも車のない生活に慣れているため、どこでも自転車や電車で行きます。それゆえ、車の維持費や駐車場代がかからないので節約になっています。

おわりに

30代は、住宅ローンや教育資金、老後資金など、頭を悩ませている部分は人それぞれですが、どれにしても、明確な目標を持つことが大切だと思います。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。