1. 暮らし
    2. 保険の加入や見直しを考えるタイミング

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    保険の加入や見直しを考えるタイミング

    保険への加入や見直しをするタイミングはいつが適当なのでしょうか?

    「結婚した」「子どもができた」等のライフイベントがあったときはもちろん、将来の夢にあわせて考えていく必要があります。

    ここでは、保険への加入・見直しを考えるタイミングについてご紹介します。

    本記事は、ソニー生命のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    将来の夢や希望に変化があったとき

    保険は将来に備えて入るものですが、事前に夢や目標を考えていたとしても、だんだんと現実とのズレが生じてくるものです。

    将来の夢や希望に変化があれば、いざというときにきちんと守ってくれるように、保障内容も「見直し」を行いたいものです。まだ加入していないのであれば、今が加入を考えるタイミングなのかもしれません。

    ライフイベントがあったとき

    必要保障額が大きく変化するような人生のイベント(ライフイベント)があったときは、保障の見直しを行うタイミングかもしれません。

    ライフイベントの主な具体例

    社会人になったとき

    無保険だった人も、社会人となったタイミングで保障も自立。自分で保険に入り、将来のリスクに備えましょう。

    結婚したとき

    結婚したら是非、保険の検討・見直しを行いましょう。

    一般的に女性は妊娠すると疾病のリスクが高まりますので、入院保障をしっかりと見直した方が良いでしょう。

    また、それまでに入っていた保険があった場合、受取人を親から配偶者に変更する必要があるかもしれません。

    子供が生まれたとき

    厳密には、妊娠した時点で加入・見直しの検討を始めるのがいいでしょう。家族が増えれば、親として、世帯主として死亡保障を厚くする必要があります。

    住宅ローンを借りてマイホームを購入したとき

    住宅ローンの多くには「団体信用生命保険」の加入が義務付けられているため、万一の時にはローンが相殺され、家族に住まいを残すことはできますので、生命保険はローン以外の生活保障として考えれば良いでしょう。

    団体信用生命保険に加入しないで住宅ローンを借りる場合、ローンを相殺できる分の保障を上乗せする必要があります。

    親を扶養することになったとき

    親が大きな資産を持っていれば別ですが、親が扶養に入ることになった場合、その介護費用を捻出するためにも保障を多めに設定しておく必要があります。

    また、受取人を明確にしておいた方がよければ、配偶者と親を受取人にしておくといいでしょう。

    おわりに

    上記のようなケースの他にも

    • 5年に1回見直す
    • 更新前に見直す(更新タイプであれば)

    など、自分の中でルールを決めて、定期的に保障額を見直すという考え方もありますし、

    保険料が家計の負担になってきた

    というように、根本的に保険を組み替えたい場合もありますね。そう感じたときが、「見直しのタイミング」であると言えます。

    (image by 足成 1 2 3 4 5)

    このライフレシピを書いた人