\ フォローしてね /

手作り皮でサク!モチ!ジュワ!やみつき餃子の作り方

一度自分で皮から作ると、もう市販のものは買えなくなってしまいました。

ここでは皮から作る、簡単餃子レシピをご紹介します。

材料(約50個)

手作り餃子は手間がかかるもの。余った分は冷凍するつもりでたくさん作りたいですよね。以下でだいたい50個できます。

  • 強力粉:お椀1杯
  • 薄力粉:お椀1杯と少し(強力粉よりちょっと多め)
  • 熱湯:適量
  • 塩:小さじ1
  • キャベツ:4分の1弱
  • 玉ねぎ:2分の1(中)
  • 豚ひき肉:250グラム
  • ニンジン:3分の1
  • 味噌:大さじ1
  • 醤油:大さじ1
  • 生姜チューブ:3cm~5cm

お肉を少なめに、冷蔵庫のあまりものをどんどん入れてしまいましょう。

筆者は朝も食べたいので、ニラやニンニクは入れませんがお好みで。

やみつき餃子の作り方

STEP1:皮を作る

大きめのボウルに、強力粉、薄力粉、塩を入れ手で軽くかき混ぜてから熱湯を約50ccくらいずつ入れながらスプーン等で混ぜます。

熱湯を入れた粉の中に手を突っ込むとヤケドの恐れあり!ここはとりあえずスプーンを使いましょう。

STEP2:こねる

少しずつ熱湯を入れながら混ぜ、ボロボロになってきたらヤケドに注意しながら今度は手でこねます。

ボソボソしていれば熱湯を足し、熱湯を入れすぎてベチャベチャになったら薄力粉を足して調節します。

もちっとした生地がひまとめになったら、ラップにぴっちり包んで冷蔵庫で1時間寝かせます。

STEP3:具を作る

細かく刻んだ野菜と豚挽き肉、調味料をすべて入れて混ぜます。

こね過ぎると粘りが出て固まってしまいます。混ぜすぎ注意!

STEP4:皮を丸くくり抜く

1時間寝かせた生地を、麺棒で薄く伸ばし適当なコップ等で丸くくり抜きます(包丁をなぞらせて切り取る)。

こんなに出来ました!!

STEP5:包む

あとはいつものように包んでいきます。市販のものと比べ、もっちりしているので包みやすいです。

少し具があまりましたが、ここに卵とパン粉・塩コショーを入れてよく練ればハンバーグになります。

STEP6:焼いて完成!

お水で蒸し焼きにするだけで、底面はカリ!側面はモチ!中からジュワ!のやみつき餃子の完成です。

おわりに

皮を少し厚めに作り、水餃子にしても美味しいです。お鍋に入れても最高ですよ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。