\ フォローしてね /

北国の定番!白子のお吸い物の作り方

東北では鱈の白子のことをキクと言います。筆者の地元では定番のキクを使ったお吸い物を紹介したいと思います。

材料 (4人分)

  • 鱈の白子:250グラム
  • 絹ごし豆腐:1/2丁
  • ねぎ:3/1本
  • 水:600CC
  • 和風だしの素:小さじ1
  • 酒・みりん:各大さじ1
  • 醤油:大さじ2

白子の下処理

STEP1:洗う

流水で優しくもみ洗いします。水の勢いが強いと白子が崩れてしまうので、ボールに水をためながらちょっとずつ水を流します。

黒い筋をとります。無理してとると身が崩れるので、取れるところだけで大丈夫です。

STEP2: 熱湯にくぐらす

沸かしたお湯にさっと白子をくぐらせます。

STEP3: 氷水でしめる

ざるにあげた白子を氷水でしめます。

STEP4: 切る

白子をキッチンバサミで一口大に切って行きます。

身を切らないようにしながら、筋の方を切っていきます。

お吸い物の作り方

STEP1: 具を切る

豆腐を一口大に、ねぎは縦に半分にし斜めにスライスします。

STEP2: 白子を煮る

水を沸かし、調味料を入れて煮立たせます。そこに白子を入れて火を通します。

白子を入れた後は沸騰させないように火加減を調節してください。沸かすと汁が濁ってしまいます。

STEP3:具を入れる

豆腐とねぎを加えてさっと火を通します。

完成!

盛り付けて完成です。

おわりに

関東の方では白子は煮たり焼いたりするのが定番のようですが、お吸い物もとってもおいしいのでぜひ試してみてください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。