1. 暮らし
    2. パワーストーンのネックレスをピカピカにする方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    パワーストーンのネックレスをピカピカにする方法

    パワーストーンのネックレスの場合、チェーンや革紐を外せる場合は外してから掃除をしましょう。

    パワーストーンの場合、水に強い石である場合は、直接、水道水で洗うほうが、汚れが落ちるからです。

    ポイント1 石の性質を知る

    パワーストーンのなかでも、水に弱い性質のものもあります。雲母系です。基本的に「触ると崩れてしまいそうな表面」のものは、水で洗いません。

    パワーストーンには、人の指先の皮脂が付着し、その皮脂成分に空中の汚れが付着しています。色がくすんできたな、と思ったら、1度、丁寧なお手入れをすると色が戻ります。

    ポイント2 水で洗う

    基本的に水で洗います。

    流水

    水道水を流して、パワーストーンを洗います。流水でのポイントは、洗ったあと水滴を拭き取ることです。

    水の跡は、乾燥後に落ちにくいものになるので、流水で洗った直後に、しっかりと水滴を拭き取りましょう。「油吸収力強め」と言われる、やや厚手のタイプのキッチンペーパーが仕上げにオススメです。

    ポール水

    ボールに水をためて、パワーストーンを入れます。軽く洗います。その後、お湯で塗らした柔らかい布で1度拭きます。給湯器のお湯でOK。39度~42度程度が適温です。

    温めた布で拭くことで、石と取り付け金具の隙間の水分が乾きやすくなり、サビ防止になります。その後は、きちんと水滴をキッチンペーパーなどで吸い取っておきましょう。

    ポイント3 精油(エッセンシャルオイル)

    エッセンシャルオイルを使用します。「精油」として売られているものを購入しましょう。

    空ペットボトル2リットルの水に対して、数滴の割合です。ボールなどに石を入れて、直接、精油水をかけていきます。

    ボール一杯になったら、30 分程、置いておきます。精油水を使用して洗浄すると、水の跡の残りも取ることが可能です。

    水に弱いタイプのパワーストーンには、精油だけをしみこませた布やキッチンペーパーで、直接やさしく拭きます。ポインポンと軽く押すようにすると汚れがとれていきます。

    おわりに

    パワーストーンの表面はデリケートです。「天然素材」のもので洗いましょう。「水」「塩」「精油」がポイントです。

    かなり薄めて使用した精油水でも、石の表面が見違えるようにピカピカになります。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人