\ フォローしてね /

5分で分かる!「敬語(尊敬語)」の学び方

敬語には、3種類あります。「尊敬語」と「謙譲語」と「丁寧語」です。一番簡単なのは「丁寧語」です。動作主が、誰のときでも使えるからです。

今回は、「尊敬語」について、学習のポイントを紹介します。

「尊敬語」の学習のポイント

【問題】 次の文で、敬語の使い方がまちがっているところを指摘し、正しい言い方に直しなさい。
 (1) 校長先生は、トイレの個室におります。
 (2) 社長夫人が、大切なことをお話しするそうだ。

いかがでしたか?自信をもって答えられましたか?下記の文章を読むと、5分で自信を持って答えることができるようになります。

どういうときに使うのか?

「尊敬語」を使うのは、次の2つの場合です。

  • (1) 「目上の人」の動作

「社長」「校長」「先生」「お客さま」など、自分より「目上の人」の動作に使います。(※「父」「母」「兄」など、自分の家族には使いません。)

  • (2) 「相手」の動作

話をしている「相手」の動作について使います。

「特別な言い方」を覚える

  • 「食べる」・・→「めしあがる」
  • 「見る」・・・→「ごらんになる」
  • 「する」・・・→「なさる」
  • 「話す」・・・→「おっしゃる」
  • 「いる」・・・→「いらっしゃる」
  • 「行く」・・・→「いらっしゃる」
  • 「来る」・・・→「いらっしゃる」
  • 「くれる」・・→「くださる」

「尊敬語」裏技2つ(「特別な言い方」以外)

「特別な言い方」は、覚えておけばいいだけです。しかしながら、「特別な言い方」がない場合(または、忘れた場合)は、次の2つの方法で対応します。

(1) 「になる」を使う

  • 「食べる」・・・・→「食べになる
  • 「はなす」・・・・→「はなしになる
  • 「さわる」・・・・→「さわりになる

(2) 「れる」「られる」を使う

  • 「食べる」・・・・→「食べられる
  • 「はなす」・・・・→「はなされる
  • 「さわる」・・・・→「さわられる

冒頭の問題にもどりましょう。

【問題】 次の文で、敬語の使い方がまちがっているところを指摘し、 正しい言い方に直しなさい。
 (1) 校長先生は、トイレの個室におります
 (2) 社長夫人が、大切なことをお話しするそうだ。

答え合わせです。

(1) 「おります」(×)→(○)「いらっしゃいます」
「おります」の主語は、校長先生です。校長先生には、尊敬語を使います。「おる」のふつうの言い方は、「いる」です。したがって、「いる」の尊敬語として「いらっしゃる」を使います。

(2) 「お話しする」(×)→(○)「お話しになる」
「お話しする」の主語は、社長夫人です。目上の人には、尊敬語を使います。「お話しする」は(実は)謙譲語です。

「お~する」の形は謙譲語です。これを、尊敬語にするには、「お~になる」を使います。したがって、「お話しになる」を使います。

おわりに

まずは、「誰の動作」に使うのかを覚えます。次に、「特別な言い方」を覚えます。最後に、裏技2つを覚えます。あとは、実際に、使えるようにすること。自分の持っている問題集で練習してみて下さい。

文法は、一度、本質を理解してしまえば、絶対の自信を持って対応できる「得点源」となります。本質の理解をお勧めします。

【5分で文法の本質を学べるシリーズ】文法:「連体詞」

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。