\ フォローしてね /

中学地理!北海道地方の学び方

今回は、北海道地方をピックアップして学ぶべき点をご紹介します。

これは、教科書の補足ですのであくまでも参考程度にしてください

北海道地方の学び方

北海道地方を学ぶときに必ず覚えておいてほしいのは、

  • 北海道の形や面積
  • 自然と地形の特徴
  • なにが有名でそれが全国のどれくらいを占めているのか
  • 北海道に関しての時事問題

この4点です。これさえつかめば入試等ではこの分野に限り問題はないでしょう。著者は、このうち2つ(自然と地形、時事問題)だけのコツをつかみ、期末考査で90点以上を取っています。

あと、「なにが有名でそれが全国のどれくらいを占めているのか」と書きましたが、これは近くになにがあるかということを考えればとけます。

たとえば、「函館では何が有名ですか?」という問いがあるとします。これは、函館の近くには海があるので「海鮮物」と答えてもいいのです。
CHECK:その問いに指定があればその指定にしたがってください。

もし、覚えていたけど忘れちゃったという時に緊急回避法で「周りに何があるかどうか」という方法を使ってみてください。あくまでも緊急回避法ですよ! 覚えられるに越したことはないので暗記できるようにしておいてください。

1. 北海道地方の自然(気候)と地形の特徴

1)北海道地方の自然と気候

北海道地方は、日本列島の北に位置します。つまりここですね。(青く塗ってあります)

日本列島の一番北に位置している県です。地形等については、2)でご紹介します。さて、北海道地方の自然と気候の特徴ですが、次のようにまとめました

  • 北海道は、自然を保護するために自然環境課というものが設置してあります。ここでは、北海道の自然を保護し管理していくために日々努力している人がいる場所です。

  • 北海道には、世界自然遺産の知床遺跡があります。知床遺跡では、自然界ではあまり見ることができなくなった食物連鎖を見ることができ、それがIUCN(国際自然保護連合)により評価され2005年に世界自然遺産になりました。

  • 北海道南部では、西岸海洋性気候であるがそれ以外亜寒帯湿潤気候です。

西岸海洋性気候…夏は暑くなく涼しい。冬も暖流の関係で過ごしやすい。
亜寒帯湿潤気候…夏は温暖で冬は長く寒さが厳しく積雪が多い気候。
  • 北海道には梅雨がありません。また、台風の直撃も少なく温暖低気圧として上陸します。

2)北海道地方の地形の特徴

北海道の地形について特徴をご紹介します。北海道は、このような形をしています。

  • 南は、西岸海洋性気候、それ以外は亜寒帯湿潤気候です。

県南部では、漁業が盛んで中央は道央と呼び札幌があります。

北海道の県庁所在地は札幌です。
  • 北海道の右側の一番上の出っ張っている半島を知床半島といい、ここは世界自然遺産に登録されています。

  • 北海道本島の面積は83,456.38平方キロメートル(国土地理院より)で、日本列島を構成する主要四島のうちの一つです。

  • また、この面積の広さは世界23位の樺太より少し大きく世界第21位であ

  • 洞爺湖で2008年にサミット(主要国首脳会議)が開催されました。

洞爺湖サミットは、地形とは関係ありませんが時事問題で出題される可能性があるので掲載しました。

2.北海道地方の農業と工業

1)北海道地方の農業

北海道地方は、とても農業が盛んで特に酪農業が有名です。北海道では、酪農を使用し牛乳や乳製品(チーズなど)が北海道の農業の大部分を占めており生乳生産量は全国の約40%です。

入試問題出題例
Q、北海道地方で盛んな農業を一つ答えなさい。
A、酪農業 (他には、じゃがいも,テンサイ,小麦など)

また、水産部門ではカニやイクラ、ホタテ、ニシン、サケが有名です。北海道の水揚げ量は、日本国内では4分の1を占めており北海道内では根室市が最高水揚げ量を記録したといわれています。

入試問題出題例
Q、北海道地方の水産業における割合を答えなさい。
A、4分の1

釧路は、一時期一位でしたがその後急速に衰退しました。
参考:授業によるノートにより抜粋

2)北海道地方の工業

北海道地方では、工業(第ニ次産業)としては全国的に見ても極めて割合が低くこれといった特徴があまりありません。

工業であるかどうかわからないのですが、北海道は製造業が盛んです。一時期は、鉱業が盛んだったのですが閉山とともに衰退しました。

北海道の製造業とは、食品加工でとれたての水産物を加工し販売するということが盛んにおこなわれています。これは、全国的に割合が高く品質がいいと一部ではささやかれているそうです。

参考:授業によるノートより抜粋

北海道地方を学ぶにあたって重要なこと

北海道地方を学ぶにあたって、いくつかの注意点があります。

  • これは、各地方にも言えるのですが面積や水揚げ量・収穫量は毎年変化します。入試等の試験では、平成●●年と指定があるはずなのでその部分を覚えましょう。 テキストによっては古い年度のものが掲載されているの可能性があります。
  • 北海道では冬に記録的な豪雪などを記録します。そのため、地理関しての時事問題が出題される可能性がありますのでニュースや新聞をよく読んでおきましょう。

実際、私はとある学校の入試問題を見せていただいた時に「2008年、北海道でとあることがおこなわれた。そのあることをカタカナで答えなさい。また、その行われた場所を答えなさい」という問いがあることを覚えています。

これの答えは、「サミット,洞爺湖」が正解です。このように時事問題は出題され正答率が高いためにこれが合否を分けるといっても過言ではないと思います。

おわりに

いかがだったでしょうか?入試問題例等を掲載いたしましたので是非ご活用ください。

(photo by amanaimages)
(photo by 無料日本地図イラスト素材)
(photo by 無料日本地図イラスト素材)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。