1. 趣味
    2. 会社からのお礼金!株式の配当の基礎知識

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    会社からのお礼金!株式の配当の基礎知識

    株式投資で得ることのできる利益の1つに配当(配当金)があります。今回は配当の基礎知識と受け取り方を説明します。

    本記事は、楽しい株主優待&配当のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    配当(配当金)の基礎知識

    配当とは、「会社が物を売ったりして稼いだお金(利益)の一部を、私たち株主へ支払うもの」です。配当の金額は会社ごとに異なります。

    例えば、1株あたり10円の配当とします。この場合、1株持っていると10円もらえるので、もし100株持っていれば、10円×100株で1000円の配当がもらえます。

    つまり、株をたくさん持っていればたくさん配当をもらうことができます。

    今後は配当が増加?

    日本の平均的な配当は現在2%前後となっています。しかし、以下の要因から、これからは配当が増加傾向にあると見られています。

    • 年に1回開かれる株主総会で「配当を増やしてほしい!」という要望が増えているため
    • 会社に余っている資金があると買収の対象として狙われやすくなるため
    • 配当を増やすことで、株主数を増やし、買収から身を守るため

    配当の受け取り方

    権利確定日に株主として記載されていれば、後は配当や株主優待が送られてくることを待つだけです。

    配当や株主優待が送られてくるまでに、たいてい2~3ヶ月かかります。これは、配当額決定のために株主総会を通したり、送るための事務的な手続きに時間がかかるようです。

    配当は、郵送で“”として送られてきます。この紙は、『郵便振替支払い通知書』というものです。住所・氏名を記入して、2ヶ所押印し、郵便局で配当を受け取ることができます。

    仕事の都合などで、ご自身で配当を受け取りに行けないときは、代理人を立てることができます。裏面に代理人氏名・受取人住所・氏名を記入・押印して、郵便局で配当を受け取ります。

    おわりに

    配当(配当金)の基礎知識と、配当の受け取り方の説明をしました。増加傾向にある配当をチェックしてみましょう。

    (image by amanaimages)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人