1. 趣味
    2. ウォーキングで必要な意外なもの

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    ウォーキングで必要な意外なもの

    このライフレシピのもくじたたむ

    はじめに

    ウォーキングに必要なモノといえば、水、携帯電話、音楽プレイヤーといったところが、ありがちですよね。しかしそういったものは、ウォーキングをしていない人でも思いつくこと。

    そしてそれらを知っても、なかなか時間と体力を消費してウォーキングをしたいとは思えない人も多いのではないでしょうか。ですので今回は一風変わった、実際にウォーキングする際にあればイイものをオススメします。

    オススメアイテム一覧

    ポイント1:機能性ある服装

    ジョギングとは違い、ある程度は気軽さがあるのがウォーキングの良さですが、歩くときの服装は気にしておきたいものです。これは大体、ジョギングの時と同じ感覚でOKです。

    特に、「肌を痛めない素材で出来た服装」「足を痛めにくい靴」の2つは意識しておいて損はございません。人によりけりですが、ウォーキングを意識した服装と靴を買えば、少なくとも1ヶ月以上は歩こうかと思うはず。

    継続させるキッカケを作るチャンスです。

    ポイント2: 夜間グッズ(防犯グッズを含む)

    朝から夜まで仕事をする場合、ジョギングは夜間になる人も多いはず。特に冬場ですと寒さはもちろん、とても危険な暗闇が付きまといます。

    武器を持て、とは言いませんが、防犯グッズは持っていてもいいかもしれません。女性ですと防犯ブザーもいいですね。

    ただし、一番いいのはある程度は電気が付いていて、最低でも防犯ブザーを鳴らせば誰かが来てくれるような場所でウォーキングをするのが一番です。

    ポイント3:可能な限り軽装を

    これは必要なものとしてありがちな「水」「現金」「携帯電話」「音楽プレイヤー」といったものを含み、可能な限り軽装にしておく、ということです。

    たとえば上記のように、夜間は危険なこともあるので、所持する現金は最低限にしておく。音楽プレイヤーもウォーキングに向いたものを使うなど、こういったところを工夫するのも、ウォーキングの楽しみでもあります。

    ポイント4: 考え事を持ち歩こう

    これは私がウォーキングをやる上で、必ず必要だと思っているものです!

    実際にウォーキングをやると退屈で飽きてしまう、という人も多いようです。音楽プレイヤーもそれを解消する手段の一つですが、完全に払拭するのは難しいでしょう。

    そういう時は、考え事を持ち歩きましょう。小さな悩みから大きな悩みまで、新たな企画の構想に煮詰まっている時などでもOKです。こうすれば無駄に“悩むだけの時間”を過ごさずに済みますし、何より運動をすることによって脳が活性化し、「小さなくよくよ」も汗と一緒に流れることも経験済みです。

    ただし、実践する時はちゃんと安全を確認した上でやりましょう。特に音楽を聴き、考えごとにも熱中してのウォーキングは大変危険です。

    おわりに

    ウォーキングはお手軽にできるエクササイズです。だからこそ、運動不足を感じている人はウォーキングから始めてみませんか?慣れてきたらジョギングに転換したり、他のスポーツにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

    上記のことを試した上で、自分も「こんなものがあればウォーキングが楽しい!」っと言えるようなものを見つけて欲しいと思います。

    (photo by クリップアートファクトリー)

    このライフレシピを書いた人