1. 料理
    2. フライパンで楽々!もも肉でつくるローストチキンの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    フライパンで楽々!もも肉でつくるローストチキンの作り方

    フライパンを使って短時間でつくれるローストチキンのレシピです。クリスマスにいかがですか?

    材料 (2~3人分)

    • 鶏もも肉 大2枚
    • さとう 大さじ1/2
    • チューブにんにく 大さじ1
    • 塩 小さじ1
    • 一味唐辛子 少々
    • こしょう 適量
    • 油 適量

    つけあわせ

    • たまねぎ 大1個
    • しょうゆ 少々

    ローストチキンの作り方

    STEP1: 味付けをする

    ポリ袋にもも肉、さとう、にんにく、一味唐辛子、塩、こしょうを入れて、袋の外からもみます。全体に調味料がまわったら、そのまま1時間程度室温においてください。

    袋から空気を抜くようにしておくといいです。

    STEP2: 電子レンジにかける

    画像のように袋の中で肉が重ならないようにしてから、電子レンジ600Wで1分かけます。裏返してさらに1分かけます。肉の色が少し変わる程度で大丈夫です。

    もも肉の中まで火を通すのはけっこう時間がかかるので短縮のために、この工程を加えています。電子レンジのない方は省略可能です。

    STEP3: 焼く

    フライパンに油をしき、よく熱します。皮の方からもも肉を焼いていきます。火力は弱火と中火の間くらいにしてください。蓋をして10分から15分程度焼いていきます。

    さとうが入っているので焦げやすいです。様子をみながら火力の調整をしましょう。

    STEP4:たまねぎを切る

    肉を焼いている間にたまねぎを切ります。5ミリ程度の薄切りにしてください。

    STEP5: 肉を裏返して焼く

    こんがりと皮に焼き目がついたら、裏返してさらに焼きます。中までしっかり火を通してください。

    肉の厚みによって加熱時間が変わってきます。竹串などを刺してみて、ピンクや赤っぽい色ではなく透明の汁が出てくれば火が通っています。

    STEP6: たまねぎを炒める

    焼きあがった肉はフライパンからお皿などに取り出しておきます。フライパンの中に残っている油には肉のうまみが入っているので、そのままたまねぎを炒めていきます。

    塩分も溶け込んでいるので、味をみて足りなければしょうゆで調えてください。

    たまねぎはお好みの固さに仕上げてください。ソースっぽい仕上がりにしたい場合は加熱時間を長く、つけあわせとしてしっかり味わいたいときは加熱時間を短くするといいです。

    完成!

    好みの厚さに肉を切り分けて、盛り付けたら完成です。

    肉は熱いうちに切ると中から肉汁が出てしまいます。手で触れることができる程度まで冷ましてから切りましょう。

    おわりに

    本来、あまり早く肉に塩をしてしまうとうまみが出てきてしまうのですが、しっかりと中まで味をいれたかったので、あえて1時間程度としました。

    衛生面での心配もあるので、長時間漬けこむ場合は冷蔵庫に入れたほうがよいでしょう。焼くときは室温に戻してくださいね。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人