\ フォローしてね /

重曹でパサパサ解消!鶏胸肉の下ごしらえ方法

コストパフォーマンスの良さで人気の鶏胸肉ですが、料理するとパサパサになりやすいのが難点です。重曹を使って鶏胸肉をやわらかくする下ごしらえをご紹介します。

ハムを始め、蒸し・炒め・あげものなど、どんな料理にもそのまま使えます。

用意するもの

  • 鶏胸肉
  • 包丁
  • まな板
  • 牛パック

重曹液

  • 重曹 小さじ半分
  • 塩 小さじ半分
  • 砂糖 小さじ半分
  • 水 150cc
ハサミで切り開いた牛乳パックをまな板に乗せて使うと汚れないので後処理もラクです。

鶏胸肉の下ごしらえ方法

STEP1 : 鶏胸肉の厚みをナイフで均一にする

厚みのある部分は包丁で観音開きにします。

STEP2 : 鶏胸肉の厚みを均一にする

数箇所ナイフを入れて肉の厚みが均一になりました。

STEP3 : フォークで30回位穴を開けます

フォークで30回位穴を開けます。

STEP4 : 重曹液を用意する

重曹液を用意します。

STEP5 : ビニール袋に入れて寝かせる

ビニール袋にSTEP4と下ごしらえをした鶏胸肉を入れてよくもみこみ、空気を抜いて口をしばります。冷蔵庫で1日寝かせたら完了です。

おわりに

豆を早く煮るために重曹を使うのをヒントに、肉にも応用できるのではと試してみたのがきっかけでした。

この方法なら鶏胸肉のぱさつきをおさえておいしく食べられます!

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。