\ フォローしてね /

面倒な成形なし!の「チョコバターロール」の作り方

チョコチップをたっぷり入れて、バターロールを作りました。チョコチップが多い生地なので成形は簡単にして手軽に作ります。

温めて食べても、常温で食べてもおいしいバターロールです。

材料(7個分)

  • 強力粉(はまなすを使用) 200g
  • パン用米粉 50g
  • コーヒー牛乳 170ml
  • 塩(ゲランドの塩を使用) 4g
  • きび砂糖 13g
  • 無塩バター 35g
  • インスタントドライイースト 小さじ1
  • チョコチップ 100g
チョコチップは、ハーシーズのチョコチップを使っています。熱に強いものがおすすめです。

「チョコバターロール」の作り方

STEP1:ホームベーカリーで生地をこねる

チョコチップ以外の生地をホームベーカリーに入れ、パン生地コース、具材「あり」で生地こねをします。

チョコチップは、量をはかっておきます。具の投入ブザーが鳴ったら蓋をあけて入れます。

1次発酵までおまかせです。

STEP2:分割する

めん台に打ち粉をし、そこに生地を出します。グラム数をはかってから7分割。

まるめてから乾かないように濡れぶきんなどをかぶせて、室温で20分。生地を扱いやすくするためのベンチタイムをとります。

STEP3:二次発酵する

オーブンのトレイに並べ、くぼみに水を少量入れて35度で20分。二次発酵をします。

オーブンに低温機能がないならば、温かい部屋で30分~40分置いて二次発酵させます。

STEP4:成形、焼成する

二次発酵が終わったらオーブンを180度で予熱をかけはじめます。生地は縦長の丸に整え、真ん中にナイフで1本線を入れます。

茶こしで強力粉(分量外)をかけます。

予熱をかけた180度のオーブンで18分加熱して完成です。

完成!

切れ込みの入ったバターロールが完成しました。

切れ込みでちぎって食べると一口サイズになります。チョコチップは多めに入れています。

ポイントは、耐熱性のチョコチップを入れること。ハーシーズのチョコチップはホームベーカリーの生地コースでも溶けにくく、チョコチップの形状が残っています。できるだけチョコチップの食感を残したいので、耐熱性を選んで使ってみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。