\ フォローしてね /

具沢山の田舎風ちらし寿司の作り方

筆者の家のちらし寿司はとっても具沢山です。ご飯より多いんじゃないかと思うぐらいの具がゴロゴロ。なんだか懐かしい味の田舎風のちらし寿司の作り方をご紹介します。

材料 (米4合分)

具の材料

  • 高野豆腐 2つ
  • 干し椎茸 3枚
  • 椎茸の戻し汁
  • 砂糖 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ2

  • 人参 1/2本

  • ごぼう 1/4本

  • レンコン 一節の半分程度

  • 大根 1/5本

  • 里芋 小5個

  • こんにゃく 1/2枚

  • ジャガイモ 1個

  • かまぼこ 1枚

  • ちくわ 1本

  • だし汁 400ml

  • 砂糖 大さじ2

  • 醤油 大さじ2

酢飯の材料

  • 米 4合
  • だし昆布(5cmくらいもの)1枚
  • ちりめん 30g
  • 米酢 100cc
  • 砂糖 大さじ3
  • 塩 ひとつまみ

トッピング(分量はお好みで)

  • 錦糸卵
  • 刻み海苔
  • 紅ショウガ

田舎風ちらし寿司の作り方

STEP1:乾物の下準備

干し椎茸はぬるま湯とひとつまみの砂糖を入れて戻しておきます。

砂糖を少し入れると戻るのが早いです。

高野豆腐はぬるま湯に入れて戻しておきます。

STEP2:野菜の下準備

ごぼうはブラシで洗って、ささがきにしておきます。ピーラーを使うと簡単です。

すべての野菜とちくわ、かまぼこを食べやすい大きさに切ります。

里芋はアクがあるので先に被るくらいの水を入れてしばらくグラグラと茹でます。竹串がすっと通るぐらいまで茹でたら火からおろし、ぬめりを水で洗っておきます。

STEP3:具を煮る

蒲鉾とちくわとじゃがいも以外の材料を鍋に入れ、味付けをして炊きます。

煮汁は後で捨てるので、少なめにします。焦げ付かないように注意して、少ないようなら水を足してください。

柔らかくなってきたら、茹でこぼしをした里芋を加えます。

更に少し煮たら、ちくわかまぼこじゃがいもを入れて煮ます。

STEP4:椎茸と高野豆腐の甘辛煮を作る

椎茸と高野豆腐は食べやすい大きさに切って、別の鍋で甘辛く炊きます。先に椎茸を入れて味付けします。

鍋に椎茸の戻し汁を100ml程度入れ、大さじ2の醤油、砂糖、みりんを入れます。椎茸を入れ、かぶる程度まで水を足して火にかけます。

椎茸が柔らかくなったら高野豆腐をいれて煮詰めてください。

STEP5:具をざるにあける

STEP3とSTEP4で煮込んだ具を一緒にし、ざるにあけて煮汁を切っておきます。

STEP6:寿司飯を作る

米3合をとぎ、30分程度ざるにあげておきます。炊飯釜に表示してある分量の水を入れ、昆布を一緒に入れて炊飯器で炊きます。

ボールに酢と砂糖と塩、それからちりめんを入れて混ぜておきます。

炊きあがったご飯をすし桶に移して酢を合わせ、切るようにして混ぜます。ひと肌程度の温度になるまでうちわで扇ぎます。

おわりに

ご飯と具が冷めたら、二つを合わせて混ぜます。

お皿に盛って、錦糸卵や紅ショウガをたっぷりのせてどうぞ。大きな具がゴロゴロの、何だか昔懐かしいお寿司です。繊細さはありませんが、優しい味ですよ。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。