\ フォローしてね /

著者おすすめ!兵庫県神戸・南京町の食べ歩きポイント

著者は2012年の9月に神戸の三宮、南京町、六甲に観光に行ってきました。その中でも、観光の目的であった中華街の「南京町」では、到着した1日目のお昼に食べ歩きをしました。その体験をお話します。

南京町で行ったお店

1:老祥記(ろうしょうき)

行ってみたかったお店の一つが「老祥記(ろうしょうき)」です。ここの豚まんはガイドブックにも書いてあり、南京町でも名物のようでした。南京町でも一番中心にあるお店で、お昼時には行列でした。

豚まんは小ぶりサイズで3個で270円。店内でも食べられますが、1人3個ずつと言われたので外のベンチで食べました。

南京町の名店「老祥記(ろうしょうき)」は豚まんが有名です。店内では3個以上食べないといけないようです。

2:皇蘭(こうらん)

皇蘭(こうらん)」は南京町でも一番端にあるお店です。屋台のようになっていて、店頭で飲茶を作っていました。

写真は、「焼きショーロンポー」で名前に惹かれて食べてみました。値段は確か3個で400円弱だったように思います。注文すると最後の仕上げで底を焼いてくれます。大きめサイズで食べごたえがありました。

焼きショーロンポーといった変わった飲茶も食べることができます。

3:森谷商店

森谷商店」は南京町を出たところにあるお店です。行列ができていて、あげたてのコロッケを食べることができます。

じゃがいもにすじ肉が入ったコロッケのようで、味もしっかりついているのでソースなしでもおいしいです。確か1個80円でした。

南京町攻略方法

著者は食べ歩きがしたかったのですが、ランチメニューを出しているお店も多くありました。

ランチメニューを見ているとボリュームが多かったので、ちょこちょこ食べ歩きをしたい場合は店先に椅子があるお店や、持ち帰り商品のあるお店を選ぶのがおすすめです。

また、行列ができているお店は出来たてを食べることができるので、繁盛しているお店を選ぶのもコツだと感じました。

食べ歩きをしたい場合は、ランチメニューのお店ではなくて店先で作っているお店がおすすめです。

おわりに

行ってみたところ、南京町は横浜中華街よりもこじんまりとしていたように感じました。そのため、南京町に行った後に、パンを買ったり調べておいたラーメン屋さんに行ったりもしました。

食べ歩きをしたい場合は、おやつ感覚で食べるくらいと思って行くのがいいかもしれません。もし、お昼をしっかり食べたいなら南京町以外で三宮周辺のお店もリサーチしておくのがおすすめです。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。