\ フォローしてね /

5分で分かる!国語・文法「形容詞」の学び方

このライフレシピのもくじたたむ

まずは実力チェック。

【問題1】 次の文から「形容詞」をすべてさがし、言い切りの形で答えなさい。
「体の大きいジャイアンが、「あの子の母親は美しかろう」と男らしく言った」
 
【問題2】 次の文から「形容詞」を、すべて抜き出しなさい。
「顔の小さな静香ちゃんは、「早く美しい女性になれ」と、静かに言った」

どうでしょうか。自信を持って答えられましたか。下記の文章を読めば、自信を持って答えられるようになると思います。さあ、いっしょに国語・文法「形容詞」のポイントを5分で学びましょう。

「形容詞」とは?

「自立語」で、「活用があり」、言い切りの形が「い」で終わる。というのが、文法的な説明ですが、もっと分かりやすく説明したいと思います。

''ポイント1: 「どんなかな?」と聞かれたときの「答え」として、「とっても『○○○い』」の『○○○い』の部分が「形容詞」。

(例1)今、自分のいる部屋の様子は?
  • 問いかけ:「どんなかな?」
  • 答え:「とっても『○○○い』」

この『○○○い』の部分を考えてみて下さい。

  • 美しい
  • きたない
  • うるさい
  • くさい
  • おもしろい
  • 暗い

など、これらが、すべて「形容詞」です。

(例2) あなたの好きな人は?
  • 問いかけ:「どんなかな?」
  • 答え:「とっても『○○○い』」

この『○○○い』の部分を考えてみて下さい。

  • 美しい
  • 白い
  • 細い
  • かしこい
  • おもしろい
  • 明るい

などこれらも、すべて「形容詞」です。理解できましたか?

では、最初の問題にもどります。

【問題1】次の文から「形容詞」をすべてさがし、言い切りの形で答えなさい。
「体の大きいジャイアンが、「あの子の母親は美しかろう」と男らしく言った」

正解は、3つです。「大きい」と「美しい」と「男らしい」です。すべて、「どんなかな?」の問いかけの答えとして、「とっても○○○い」と答えられる言葉です。言い切りの形で答えるという条件がありますので、すべて「い」で終わる形で答えます。

ポイント2: 「形容詞」は「活用する」。

「形容詞」は「動詞」と同様に活用します。「形容詞の呪文(じゅもん)」を伝授します。これは絶対に覚えましょう。

「かろ、かっ、く、い、い、けれ」

10回唱えて、覚えてしまいましょう。

形容詞の呪文=「かろ、かっ、く、い、い、けれ」を覚えましょう。

さっそく、例として、形容詞の「美しい」を活用させてみます。活用形は、『未然形』『連用形』『終止形』『連体形』『仮定形』の5つです。

  • 1: 「かろ」につなげる

・「美しい」+「かろ」・・・・・→「美しかろう」=『未然形』

  • 2: 「かっ」につなげる

・「美しい」+「かっ」・・・・・→「美しかった」=『連用形』

  • 3: 「く」につなげる

・「美しい」+「く」・・・・・・→「美しく」(なる)=『連用形』

  • 4: 「い」につなげる

・「美しい」+「い」・・・・・→「美しい。」=『終止形』

  • 5: 「い」につなげる

・「美しい」+「ブタ(名詞)」・・・→「美しいブタ」=『連体形』

  • 6: 「けれ」につなげる

・「美しい」+「けれ」・・・・・→「美しければ」=『仮定形』

  • 7: 『命令形』はありません

ポイント3:「形容詞の呪文」までが、「形容詞」

「かろ、かっ、く、い、い、けれ」までは、「形容詞」です。呪文の後ろは、形容詞ではありません。

(例1) あの人は、おとなしくなるよ。 「形容詞」は、「おとなしく」。(「なる」は×)
(例2) 彼女の母親も美しかろう。  「形容詞」は、「美しかろ」。(「う」は×)
(例3) もっと彼が、明るければなあ。「形容詞」は、「明るけれ」。(「ば」は×)

冒頭の問題に再チャレンジです。

【問題2】 次の文から「形容詞」を、すべて抜き出しなさい。
「顔の小さな静香ちゃんは、「早く美しい女性になれ」と、静かに言った」

正解は、2つです。「早く」と「美しい」です。「小さな」は、「かろ、かっ、く、い、い、けれ」のどれでもない。つまり、活用しないので、「連体詞」です。「静かに」は、「形容詞」の活用(呪文)にあてはまらない、「形容動詞」です。

おわりに

本質は理解できたはずです。あとは、自分の持っている問題集で、練習してみて下さい。この本質が分かっていれば、あとは取るに足りません。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。