\ フォローしてね /

収納物のカビを予防する方法

このライフレシピのもくじたたむ

しまっていた衣類や布団がカビていたことないですか?そうならないためのカビ予防の仕方をお教えします。

カビを発生させない工夫

梅雨と夏は湿度が高いので天袋や押し入れなど空気が通らない場所は湿度がより溜まりがちなんです…。

1:風を送り込む

湿気が少ない時間に窓を開け、押し入れのふすまなどを全開にし風を送ります。ふすまを閉め切っておくとどうしても湿気がこもってしまうのでなるべく開けておくといいでしょう。

2:スノコを利用する

直接押し入れに布団をしまっておくと押し入れの下部と布団が密着してカビが発生しやすくなります。スノコを敷いてその上に布団をしまうと、空気の通り道ができるのでカビが発生しにくくなります

スノコは横にも立てかけておきましょう。

スノコはホームセンターや100均でも売っていますよ。

3:衣類はしっかり乾かしてからしまう。

梅雨時や冬はなかなか衣類が乾かないですよね。しかし生乾きのまましまってしまうとカビが発生してしまいます。乾燥機や除湿剤を使ってしっかり乾かしてから収納しましょう。

4:下駄箱も湿気が溜まりやすい

下駄箱は見落としがちなのですが結構湿気が溜まるんです。靴の中に新聞紙を丸めて入れておくと湿気を取り除いてくれたり匂いを取ってくれるんです。

下駄箱に新聞紙を敷くのも効果的です!

5:タンスなどには除湿剤を入れておく

衣類をタンスにしまっている場合は置き型の除湿剤を使用するといいです。

除湿剤は一番上に置くより衣類と衣類の間に置く方が効果的です。
除湿剤は粒からゼリー状になります。全体がゼリー状になったら取り替えて下さい。

おわりに

大事な衣類や布団はカビが生えてしまうと使い物にならなくなってしまうので収納するときは工夫をしてしまってくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。