\ フォローしてね /

おいしい柿を見分ける方法

このライフレシピのもくじたたむ

秋の味覚、柿は出回る期間が短いですが、毎年食べるのがとても楽しみな果物の1つです。筆者の近隣には柿の木が多く、よくおすそ分けを頂きます。

その時に教わった、おいしい柿の見分け方をご紹介します。

おいしい柿の見分け方

1:最重要チェックポイントはヘタ

柿のヘタの形がきれいで、4枚揃っていることは非常に大事なポイントです。ヘタが果実部分にしっかりと張りついて、隙間のないものを選びましょう。

すき間があると、そこから虫が入ったり、果実に亀裂が入ったりして傷みやすくなります。

2:重さ・色をチェックする

形が大きくて、ずっしりと重みがあり、色の濃いものを選びましょう。

売り場の果物は「押さない・握らない・触らない」1
おいしさの判断基準には「重み」や「硬さ」などがありますが、売り場の果物はむやみに触ったり押したりはしないのがマナー。ぜひ「見た目」で見分けるコツをマスターしてくださいね。

3:ブルームをチェックする

ブルームとは柿の表面が白っぽく見えるのがブルームです。これは柿が熟して糖度が増すと、その糖分が乾燥して表皮が白っぽくなります。ブルームが降っているものは、おいしい柿の目印です。

4:品種をチェックする

どれも同じように見える柿ですが、実は色々な種類があり、富有柿・次郎柿・太秋柿・新秋柿・花御所柿・筆柿・西村早生などがあります。中でも筆者オススメの柿は、甘みがあってジューシーな「富有柿」です。

おわりに

ちょっと熟れすぎてしまった柿は、ジャムにしたり、お菓子作りに利用したり、サラダに加えたりすると美味しくいただけますよ!おいしい柿選びの参考にして下さいね。

(image by amanaimages)

追記した箇所一覧

  • 12018年09月11日「見分け方のマナー」について追記しました。
このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。