\ フォローしてね /

使い勝手のよいスープストックの方法

一人暮らしや少人数の家族では、スープを作りすぎてあまってしまうことがよくあります。そんな時あまったスープを冷凍してストックしておけば、温めるだけで食べられるのでとても便利です。あと一品何かほしい時や給料前で節約したい時などスープストックがあると助かります!

用意するもの

  • チャック付き冷凍保存用バッグ(スープの量に応じて数枚)
  • 油性ペン
  • あまったスープ

スープストックの方法

STEP1:保存バッグに日付と何のスープかを書く

保存バッグに油性ペンでスープを作った日付と何のスープか書いておきます。一目瞭然なので、冷凍した後冷凍庫をゴソゴソしないで済みます。

STEP2:スープを保存バッグに入れる

保存バッグを半分くらい裏返し、スープを注ぎやすい形にします。おたまでゆっくりスープを保存バッグに入れます。

具のあるスープでしたら、具を先に入れると保存バッグが安定するので注ぎやすくなります。
1つの冷凍バッグに1~2人前の量を入れます。

STEP3:ジッパーを閉じる

スープを入れ終えたら、保存バッグの上部の空気を抜きながらジッパーを閉じます。

STEP4:冷凍庫に入れる

スープの入ったバッグを平らにして、このまま冷凍庫に入れて冷凍します。冷凍されたら板状になるのでかさばらずに保存できます。

解凍方法

STEP1:水に浸す

冷凍庫から取り出し、水にしばらく袋ごと浸してスープを少し解凍します。

STEP2:鍋に移す

保存バッグの上から手で大まかに割って、凍ったままのスープを鍋に移します。

STEP3:火にかけて温める

弱火でゆっくり温めて、解凍完了です!

冷凍保存期間は1ヶ月くらいです。

おわりに

一枚の保存バッグにたくさん入れてしまい、冷凍庫の中でスープがこぼれてしまった経験があります。一枚の保存バッグに1~2人前の量を保存するのがベストです!

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。