\ フォローしてね /

我が家のペットの写真を可愛く撮る方法

筆者は自分のブログにペットの写真を掲載することが多いのですが、言葉は通じないですし、自然体に近い写真を撮ることは案外難しいです。

それでも無防備な格好やあくびの瞬間、笑っているようなアングルを撮れますので、筆者の愛犬ロングコートチワワを例に書きたいと思います。

カメラの設定

モデル犬とかだと慣れているかもしれませんが、通常、普通の犬は大きいカメラやフラッシュは怖がります。筆者は携帯のカメラを使ってます。最近の携帯も画素がいいものが多いので充分だと思います。

ペット写真の撮り方

同じ目線で遊ぶ

警戒心がなくなるように、しっかり遊びます。遊びの一連の中で撮影すればいい写真が撮れます。そして、必ず犬と同じ目線に降りてください。

上から物を言っても高圧的なだけですし信頼関係もできません。動物は自分が下に見ている人や信頼関係がない人に対しては、言う事は聞きません。

フラッシュ禁止

できるかぎりフラッシュは使わないでください。頭がいい子ほど、一度怖いと思ったことには近寄りません、それでも撮れないときは、しつけと同じように、写真を撮られるとご褒美をもらえるって覚えさせてください。

俯瞰で撮る

人間もそうですが、下からより上からの上目遣いのほうが可愛い写真が撮れます。何か上に気を引かせるものを見せてもいいかもしれません。

我が家の犬はよく大の字になって寝ています。また、遊んであげれば、自然と犬の口角も上がります。自然体の状況を作ってあげることがポイントです。

おわりに

撮られることに慣れてくると、あとはシャッターチャンスです。我が家のチワワも最初は手を焼きましたが、今では、ごはん、こっち見て、写真だよ、まで言葉が分かるみたいです。

すぐには難しいかもしれませんが、信頼関係は大切と思います。いい写真が撮影できるといいですね。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。