\ フォローしてね /

孟宗竹・淡竹・真竹ってナニ?おいしいタケノコの見分け方

このライフレシピのもくじたたむ

春を告げる野菜、タケノコ。

えぐみがなく、やわらかくておいしいタケノコ選びのポイントをご紹介します!

おいしいタケノコの見分け方

色で選ぶ

タケノコの穂先の色が黄色いものや外側の皮が薄い茶色で色つやの良いものを選びましょう。

タケノコの穂先が緑色や黒っぽくなっているものはえぐみが強く、皮の色が濃くなっているものはかたくなってきていますので避けて下さい。

イボイボをチェック

根元は、赤いイボイボが小さくて少ないものほどやわらかいです。

重さで見分ける

手で持ってみてずっしりと重く、形がずんぐりしているものがおいしいタケノコです。

切り口

タケノコの切り口が白くみずみずしいものは新鮮です。

種類で選ぶ

タケノコには孟宗竹・淡竹・真竹などがありますが食感や味わいも微妙に違います。

  • 一番一般的なのは孟宗竹で、えぐみも少なく柔らかいタケノコです
  • 淡竹は北海道でよく見かける種類で、あくが少ないそうです
  • 真竹は関西に多くある種類で、あくと苦味があるので新鮮なうちに食べると良いです

大きなスーパーに行くといくつかの種類をおいているところもありますので、食べくらべてみるのもいいですね。

おわりに

タケノコは時間がたつほどにあくが強くなりえぐみが出るので、買って来たらすぐに煮ましょう!

美味しいタケノコを選ぶために、これらのことをぜひ参考にしてみてください。

(image by 足成)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。