1. 料理
    2. 上手なじゃがいものすりおろし方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    上手なじゃがいものすりおろし方

    じゃがいもを使った料理といえば、ポタージュやチヂミなどがありますが、それらはじゃがいもをすりおろして使います。そこで今回は、上手なじゃがいものすりおろし方を説明します。

    用意するもの

    • じゃがいも
    • おろし器
    • 包丁
    • ボウル
    • 台拭きまたはタオル(必要であれば)

    じゃがいものすりおろし方

    STEP1:じゃがいもを洗う

    ボウルの中にじゃがいもと水を入れ、5分くらいつけて置き、その後手で丁寧に洗います。

    さらに、流水で流します。

    水につけることでついている土などが落ちやすくなります。

    STEP2:皮を剥く

    じゃがいもは上から下に包丁を動かして皮を剥いていきます。

    りんごを丸ごと剥くときは横に剥いていきますが、じゃがいもは場合は方向が縦の方が剥きやすいでしょう。

    STEP3:芽を取り除く

    芽のくぼんだところは、包丁のあごを使ってくり抜くように取り除きます。

    「あご」とは包丁の刃の柄に近い角の部分の名称。

    STEP4:すりおろす

    おろし器をボウルの上に置き、左手でおろし器の柄をしっかり持ち、右手でじゃがいもを持ち、押し付けるようにしながら前後にじゃがいもを動かします。

    ボウルがグラグラする場合は、ボウルの下に台拭きやタオルなどを敷くと安定します。

    STEP5:向きを変える

    すりおろしている途中で、時々じゃがいもを持ち替えて、おろす面の角度を変えると、おろしやすくなります。

    完成!

    きれいにすりおろせました。完成です。

    おわりに

    野菜をすりおろすのはなかなか手間のかかる作業ですが、コツを抑えて作業をすれば上手にできます。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人