1. 雑学
    2. 5分で学べる!国語・文法「名詞」の学び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    5分で学べる!国語・文法「名詞」の学び方

    このライフレシピのもくじたたむ

    文法「名詞」のポイントを学習しましょう。まずは、実力チェックから。

    【問題1】 次の中で、言葉の性質の異なるもの(仲間はずれ)を選びなさい。
    • 便器
    • におい
    • くさい
    • 楽しみ
    • どれ
    【問題2】 次の中で、言葉の性質の異なるもの(仲間はずれ)を選びなさい。     
    • 太平洋
    • スマップ
    • いきものがかり
    • 歌手
    • AKB48
    【問題3】 次の中で、言葉の性質の異なるもの(仲間はずれ)を選びなさい。 
    • これら
    • あの
    • それ
    • いくら
    • うに

    自信を持って答えられましたか。また、仲間はずれの理由はきちんと言えますか。

    以下の文章を読めば、5分で「名詞」の本質をマスターすることができます。いっしょに学びましょう。

    「名詞」とは?

    「名詞」とは、「モノの名前」である。

    これは、だれでもイメージできると思います。

    しかし、このレベルで終わってしまうと、【問題1】の答えが「くさい」の理由が説明できないと思います。「くさい」は別として、「楽しみ」は名詞と言えますか?

    そこで、名詞かどうかを見つけるための鉄則(ルール)を覚えましょう。

    「名詞」とは、「が」をつけて、主語になるもの

    ためしに、【問題1】の言葉を使って、確かめてみましょう。

    • 「便器」、こわれた。(←これは言えるから、「便器」は「名詞」である。)
    • 「におい」、きつい。(←これも言えるから、「におい」は「名詞」です。)
    • 「くさい」、ほしい。(←これは言えないので、「くさい」は「名詞」ではない。)
    • 「楽しみ」、感じられる。(←これは言えるので、「楽しみ」は「名詞」。)
    • 「どれ」、美しいの?(←これも言えるので、「どれ」は「名詞」の仲間です。)
    「名詞」かどうかは、「が」をつけて主語になるかどうかで判断する!

    この方法で、【問題3】も解けちゃいます。

    • 「これら」、こわれた。(←これは言えるから、「これら」は「名詞」の仲間。)
    • 「あの」、きつい。(←これは言えないから、「あの」は「名詞」ではない。)
    • 「それ」、美しい。(←これは言えるので、「それ」は「名詞」の仲間。)
    • 「いくら」、ころがった。(←これは言えるので、「いくら」は「名詞」。)
    • 「うに」、おいしい。(←これも言えるので、「うに」は「名詞」。)

    名詞の種類

    人間を大きく2つに分けると、「1:男」と「2:女」の2種類に分けられます。同様に、「名詞」は、大きく5種類に分けられます。

    1:普通名詞

    ふつうの名詞:「犬」「猫」「人」など

    2:固有名詞

    地名、人名など、そのものにしかついていない名詞:「タロウ」「タマ」「太郎」など

    3:数詞

    数に関係のある名詞:「一人」「二人」「何人」、「一つ」「二つ」「いくつ」など

    4:形式名詞

    意味のない、形だけの名詞:「こと」「とおり」など。

    1) 「通り」に、たくさんのネコがいる。(←道という意味があるので、普通名詞)
    2) 正解は、彼が言った「通り」です。(←道という意味がないので、形式名詞

    5:代名詞

    名詞の「代わり」をする名詞:「これ」「それ」「わたし」「あなた」「彼」「あっち」など

    【問題2】の答え合わせです。

    まずは、「が」をつけて、主語になるかどうかで判断します。「太平洋」、「スマップ」、「いきものがかり」、「歌手」、「AKB48」は、すべて「が」をつけて主語になるので、「名詞」(の仲間)です。

    次に、「名詞の種類」を確認します。

    • 「太平洋」:これは、普通名詞の「海」とちがって、「固有名詞」です。
    • 「スマップ」:これも、グループ名なので、「固有名詞」です。
    • 「いきものがかり」:これも、グループ名なので、「固有名詞」です。紅白歌合戦の紅組のトリで出るようです。
    • 「歌手」:これは「普通名詞」ですね。
    • 「AKB48」:これも、グループ名。そのものにしかついていないので「固有名詞」です。

    したがって、答えは、「歌手」となります。

    おわりに

    「名詞の種類」は、なんとなくでもできる人が多いのですが、「が」をつけて主語になるかどうかを確かめるのを忘れる人が多いようです。

    「名詞」以外の、他の品詞が出てきたときにも、「名詞」かどうかを見分けることが何よりも優先事項となります。

    ぜひ、自身の問題集を使って、練習してみて下さい。「が」をつけることをお忘れなく。

    「名詞」以外にも、文法を「5分で学び」たくなったら、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人