1. 料理
    2. ベーキングパウダーの保存方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ベーキングパウダーの保存方法

    ケーキや焼き菓子に欠かせない「ベーキングパウダー」毎日使うものではないので、正しく保存したい素材ですね。

    今回の記事では、そんなベーキングパウダーの保存方法についてご紹介します。

    ベーキングパウダーの保存方法

    開封前

    開封前なら冷暗所で保管すればOKです。著者は、買ってきたら冷凍庫に保管しています。

    開封後

    頻繁に使うものではなく、見た目では劣化の進み具合が分からない素材です。

    空気に触れると劣化しやすく、時間が経つにつれて膨らます威力がなくなります。ケーキなど膨らまない原因にもなるので、開封したら即冷凍保存してください。

    開封したら、空気が入らないように密閉します。

    セロハンテープで留めても、輪ゴムで留めてもいいと思います。

    チャック式の保存袋に入れ、空気が入らないように密閉します。その状態で冷凍庫で保存してください。

    袋の口や缶のふたをしっかり密閉してから、その上で冷凍保存袋に入れて保存しましょう。開封期日を箱や袋に記載しておけば、目安にもなります。賞味期限を守り、早めに使い切りましょう。

    補足:ベーキングパウダーの特徴

    ベーキングパウダーは「膨らし粉」とも呼ばれ、パン・焼き菓子・まんじゅうの皮などを作る際、ふっくら仕上げる為に用いる素材です。

    常温で粉や水に反応し始め、生地に加えた時点から、炭酸ガスを作り始めるので、混ぜ合わせたらすぐに焼くことが大切です。また、高温になると反応する作用もあるので、生地を作るときと焼くときの2回、膨らます作用があります。

    様々な膨張材の中で、比較的重い生地をふっくら仕上げる場合は、「ベーキングパウダー」を使うとよいでしょう。

    賞味期限以内でも、保存状態により効果が得られない場合もあります。保存していたベーキングパウダーが、まだ使えるか確認したいときは、お湯に少量落としてみてください。水に溶かすと炭酸ガスを作るので、ブクブク泡が出てくればまだ使えるサインです。

    おわりに

    ふわふわ食感の焼き菓子には絶対必要な素材です。保存状態のせいで、せっかくのお菓子が失敗にならないように、きちんと保存しましょう。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人